fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
市民アリーナなど閉鎖

 
 21年度には赤字が20億円になるため、市民に協力をしてもらうため、6月20日常滑市が行財政改革案を新聞に発表した。重点取り組みの中に、市民アリーナ、大曽公園屋外プールの閉鎖、一六広場の移転なども検討課題としている。

 重要取り組みの大きな柱
1) 空港関連税収の確保
2) 未利用たちの売却
3) ボート収益の確保
4) 職員数の削減
5) 投資的事業の見直し
6) 施設の統廃合、民営化
7) 事務事業全般の見直し
8) 病院経営改善

誕生祝いや敬老祝い金などの市民への現金支給の見直し、利用権制度などを活用する。職員の県外出張時の日当の廃止、役職の簡素化。
競艇場については、赤字続きのボートピア川崎をボートピアの建物を所有する会社に委託金4億5千万(蒲郡と)を出して委託するということ。外向発売所を競艇場対岸南駐車場に建設するということ。
本場の改装でビップルームを作るなどが挙げられています。
 これらはとても夢のある話ですが、外向発売所にしてもこれができることにより、本場の売り上げがどうなるのか、委託か直営かも議会への報告もなく進められています。競艇人口が今後増えればこの方法もベストだとは思いますが・・・・。場所も福祉会館の南側という子供たちが出入りするところですので、少々心配なところです。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
不調にも係わらず長話申し訳ありませんでした。健康に留意され益々の活躍をお祈り申し上げます。
さて、・・・
1)空港関連税収の確保
 この収入は健全な目的でムダなく運用されているのでしょうか?
2)未利用土地の売却
 使用中であっても十分な稼働のない土地もあるのではないでしょうか?
3)ボート収益の確保
 事業継続すると利益は見込めるのでしょうか?
4)職員数の削減
 上記のボート事業撤退で人件費などを含めた収支はどうでしょうか?
5)投資的事業の見直し
 住民が願う事業と温度差はないでしょうか?
6)施設の統廃合、民営化
 上記の未利用土地の問題と絡んで実現を早期に期待します。
7)事務事業全般の見直し
 具体的に他市と比べて合理化されているのでしょうか?
8)病院経営改善
 もし新築移転したとき、現在地はどのくらいの価格で売却できるのでしょうか?
2008/07/02(水) 22:15 | URL | 良薬クチに苦し #SOjSRC0k[ 編集]
大曽公園屋外プール
 8/17(日)に第47回常滑市民水泳競技大会が開催され、多くの参加者や応援の家族で賑わいました。
47回も続けてこられた大会関係者の方々には、蒸し暑い中、大変にお疲れ様でした。
 さて、赤字減らしを市民に協力をしてもらう(?)ため、この大曽屋外プールの閉鎖が検討課題とされていますが、閉鎖後は、このプール利用者や、こうした大会はどうなるのでしょうか?
 常滑市は確か、市内の全ての小・中学校にプールを設置して、夏季には学校職員やPTAの協力のもと解放もしていますが、その規模や開放期間は大曽屋外プールの比ではありません。
 また、この市民水泳競技大会参加を目標に活動している常滑スイミングクラブが小児期に果たす水泳教育は、常滑市の水泳人口拡大や水泳を通じての健康増進に大切な役割を担っています。ところが、大曽屋内温水プールが出来て、ようやく冬にも通年活動ができる体制が整ったというのに肝心の屋外プールが閉鎖とは・・・。
 屋外プールの老朽化が閉鎖の原因なら、なぜ今まで修繕費用を見越さずに、利用料金を低く抑えたままで運営してきたのでしょうか? また、なぜ値上げではなく、いきなり閉鎖なのでしょうか?
 参考までに、知多市海浜プールは大人310円、子供100円で、利用料金は大曽の倍です。
 「赤字減らしを市民に協力をしてもらうため」ではなく、「他市並みの施設運営すら、まともにできない無計画さの尻拭いをしてもらうため」なのではないですか?
2008/08/18(月) 00:46 | URL | ギンさん #SOjSRC0k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/95-94447af2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック