fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
下記の文章は私の国に提出する「広域がれきの見直しに対する意見書」に反対したある会派の理由の一部です。

この度「東日本大震災に伴う災害廃棄物の受け入れ見直しを求める意見書(案)」が提案され、会派で意見を出し合い議 論した結果、否決いたしました。
だれが書いた文章か知りませんが本来意見書に対しては否決という言葉ではなく、反対と書くべきであるが・・・・

しかしながら既にがれきの受け入れを開始している自治体、今後のがれき受け入れを検討している他の自治体の行動については尊ぶべきものであり、それを妨げるという考えは全くありません。

《私見》この意見に対しては私はとても容認できるものではありません。なぜならば、知多市の南5区は他の自冶体と言えるのでしょうか?まず彼らは今回のがれきは放射能がないと想定しているようですが、もし事故があった場合その責任はだれが取るのでしょうか。地球は一つであり、もっとグローバルに考えるべきです。


今回の意見書は全国一律の広域処理反対であること、県が名古屋港南5区を処理先としたのに提出先が国であること、農畜水産業の風評被害の件について全く触れてい ないことなどを勘案し、この意見書提出に反対しました。
《私見》刻々と状況が変わってくる中、本会議では農畜産業の風評被害についても触れ、全議員に理解を求めました。意見書というものは主旨が変わらなければ内容をつけ加え発言できるし、各派会議でも主旨さえ賛成ならばいくらでも内容は変更して提出する事も可能である。にもかかわらずほんの末端の文章だけでがれきの広域化という大きな意見書に対して提出しないことははまさに「木を見て森を見ず」というところでしょうか。議論のない議会での落とし穴であろう。

彼らの文章はどう見てもがれき処理の広域化に反対であるにもかかわらず、我々の提出した意見書に反対すること自体わけのわからない文章である。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
きょうこ議員。いつもお疲れ様です。
少々、厳しいことを書きますが、次世代にツケをまわさない、あなたに期待して書きます。理解してください。

私も廃棄物の受け入れは反対です。
放射能汚染がどうこうよりも、被災地の雇用を奪うことになり、復興などありえないものになります。
でも、反対されたのは仕方ないことだと思います。民主主義国家なら、反対意見も織り込んで議論を進めるものです。自分の意見が正しいという自信があるなら、根拠を示してわかりやすい言葉を選び、説得工作わかりやすく言えば根回しをすべきでしょう。それでもうまくいかない場合は、きょうこ議員の意見自体が間違っているのか、話すのが下手なため、内容が伝わらないのでしょう。
自分の非を認め、謙虚に議員活動を行わない限り、たくさん質問をしても、意見を投げかけても、うまくいかないはずです。
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるとはよく言ったものですが、可決させる努力をせず、ほとんどが否決ばかりでは、結果的に税金の無駄遣いだとあなたの存在自体を否定されることになりかねません。悲しいことです。

あなたは賢い人です。冷静に考えればわかるはずです。
正解は一つではありません。例えば放射能の基準値などもある一派の学者たちが唱えたものに過ぎず、根本がビジネスです。言葉や雰囲気で正しさは作られます。騙されてはいけません。

あなたこそグローバルに物事を考えた方が良いのでないですか?大学という研究機関を卒業しているなら、分かるはずですよね?
2012/07/17(火) 12:12 | URL | サッチャリズム #-[ 編集]
ご忠告大変ありがとうございます。
サッチャリズムさま
 貴方の言われることはもっともなことだと思い、このようにコメントで頂けることに感謝いたしております。私のことを考えていただいた忠告であると感じております。私も常々感じていたことでもありますし、その辺の私の努力不足は否めません。

 私の意見がことごとく否定されているというより、議会の中で議論をする場所が一つもないことに問題があります。議員同士で意見を戦わせて会派の大きい方が意見が通るということはありません。

 今までの議会は市長与党と言い、市長議案に対して賛成するのが議員の仕事だったようで、今でもその名残があるようです。ですから反対をする者は野党とみなされ、はじき出されるのは他の市町村でも同じです。2元代表制とは程遠い議会であるというわけです。

 しかし今回のある会派での反対の理由はこじつけとしか取れません。なぜなら彼らはがれきの広域化に反対だからです。主旨が同じならば歩みより一つになり国に物申すのは当然であると思います。しかしそこに持っていく私の努力の無さはとても反省しています。

会派の皆さんはほとんどの方が自由民主党を中心として議会が成り立っていますので、そこを切り開いていくことは市民派・無所属の私としては難しいところです。貴方のお知恵をぜひお借りしたいと思っています。 
2012/07/17(火) 15:02 | URL | 井上恭子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/930-9a9f11ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック