fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
愛知県の瓦礫の受け入れについては、本当にまだわかっていない部分が多いのです。放射能は長く生き続けます。私たちが亡くなってから影響が出る可能性があります。大村知事に次世代の子供たちのために安全を第一として、受け入れを断念するよう皆さんで働きかけて下さい。

下記のニュースが友人から送られてきましたので、お送りします。
6月14日、23:50~のCBCニュースで、

『 愛知県は知多、碧南、田原の3カ所で焼却炉と処分場を建設して広域処理を受け入れる計画を進めていたが、このうち、焼却施設の建設を断念する方向で検討していることがわかった。

3カ所すべて断念するかは決まっていないが、近く最終的な結論を出す。岩手、宮城の災害廃棄物の広域処理必要量の減少が影響したとみられる。愛知県が県内5カ所程度で計画している試験焼却にも影響が出る可能性がある。』と伝えられました。

 明日、わざわざ市町村長を集めるのに、最終的な結論が出ていなくて、試験焼却をどう要請・説明するのでしょうか。(本日愛知県の市町村長会が開かれる予定)

 それから、まだ最終処分の引き受けはあきらめないようですので、災害廃棄物のために愛知県が新設する処分場にも国の補助は出ないということや、そもそも地震や津波の影響を受ける地域であって適地でないことなどを挙げて、早く断念するよう各方面へ働きかけをお願いいたします。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/905-398f8ca6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック