fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
今、米国、中国、ロシアなど世界が目まぐるしく国防、経済などを獲得するために動いている。4月下旬、中露海軍が黄海で合同軍事演習を実施。中国は北海艦隊、ロシアは太平洋艦隊が主力となり、主要艦艇25隻、兵員6000人が参加した過去最大規模の演習。

ロシアは、ベトナム近海の大陸棚開発をベトナムと共同で行うことを4月に合意。
これに対し、南シナ海・南沙(スプラトリー)諸島の領有権をベトナムと争って
いる中国は反発しています。

米国も動いています。今年1月から2月には日米合同軍事演習を実施。「キーンエ
ッジ2012」は外国による日本侵略を想定した机上演習。「ヤマサクラ61」は、米
海兵隊遠征旅団、米陸軍最新鋭部隊(ストライカー旅団)、陸自特殊作戦群を投
入した離島奪回演習。

2月から4月にかけては米韓合同軍事演習。「キーリゾルブ」は北朝鮮による奇襲
攻撃への対応。「フォールイーグル」は奇襲上陸訓練。3月16日、北朝鮮がミサイ
ル発射実験を予告した背景にも影響を与えていると考えるべきでしょう。

米国の動きは日韓との連携にとどまりません。4月16日からはフィリピンと、23日
からはベトナムと合同軍事演習を実施。いずれも南シナ海を巡り、中国を牽制す
る動きです。

南シナ海を巡ってはさらに複雑な動きがあります。南シナ海の南端を塞ぐアジア
第3位の人口と領土を擁するインドネシア。対艦ミサイル「C802」を中国と共同生
産する計画を進めているほか、ステルス機能を有する韓国次期主力戦闘機「KFX」
の開発にも参加。軍事力増強を進めています。

ある国会議員から送られてきたメールの一部を添付しました。世界情勢はめまぐ
るしく動いていることがわかると思います。

今、日本は混乱が起こらないようにという配慮からか、そんな世界の情報を国民
に知らせるでもなく、政局争いに終始しています。

原発のこと、東北の復興のこと、節電のことなど目先の政策をするのが最も大切であるが、
世界との動きを察知したり、米中2極時代の国際社会の「グレートゲーム」、その主戦場の渦中
にある日本の安全保障政策の現実的対応を国がやる仕事ではないだろうか。

国民も情報がないせいかもしれないが、目先のことだけを批判したりしているが、
今日本全体が一丸となって世界に目を向ける思考になっていってほしい。
次世代により良い日本を残すために!









スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/889-e21ae12a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック