fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
 明日23日は議会の最終日、議案1号から44号までと、請願3件について採決される。その中で1件反対討論、1件賛成討論を通告した。明日23日に議場で討論が行われるのでぜひ傍聴にお越しください。
本来反対討論が出れば賛成討論をするのが本来だが、常滑市の場合ほとんどしない。議会改革がますます重要になってくる。

反対討論
(1)個人市民税の均等税の特例
    平成26年度~35年度までの各年度分の個人市民税に限り500円を加算した額とする。
      現行 3,000円 → 改正後 3,500円

 東日本大震災からの復興を図ることを目的として、防災のための費用として加算されるもの。今回市民税ではなく目的税なので一般会計に計上される。これが防災費で使われるという確証はなく、使途があいまいになる可能性がある。また、平成26年~35年度まで500円を徴収ということは、平成23年~27年までは借金をすることになる。
 地方分権と言いながら、国が勝手に決めていいものであろうか。地域には地域の実情があり、全国一律の500円という値段設定は市民の意見を考慮したものではなく、官僚指導の責任の所在を明らかにしない今回の条例には反対をする。

賛成討論
(2)年金2,5%の削減をやめる請願    
    政府は、年金の支給水準が本来水準より2,5%(特例水準)されているとして、値
    下げを断行しようとしている。しかし現在公的年金控除の縮小、介護保険等の値上
    がり、もともと低い水準の年金(満額で6万5741円)、高齢者に必要な灯油などの
    高騰もあり、決して物価が下がったからという理由は成り立たない。
     若い人から不公平性を主張されているが、今の若い人たちへの制度は充実している
    し、何をもって公平とするか比べられるものではなく、年金切り下げの理由にならない。
    よってこの意見書提出に賛成する。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/852-ba634b83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック