FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
公契約法、これは聞きなれない言葉である。先日「ウイル愛知」にて小畑精武氏による公契約条例入門の議員の勉強会が開催された。各市町村は財源不足のために、事業をどんどん民営化していく傾向にある。いわゆる指定管理者制度である。
新先生

行政も安く民間にやってもらうため、契約の金額を下げざるを得ないところがある。これは雇用される側にとって大変なことである。雇用者の賃金が安ければそれだけ税金が払えないということで、税収にも関係してくる。もちろんパートになれば保証もないという状況であろう。

指定管理者制度は期限付きであるため、指定管理をを受けた側も投資を躊躇するところも出てくるという不安定なところもある。

これらの悪循環を見直そうということで、最近この公契約法・公契約症例の制定をする市町村が出てきた。常滑も今後検討しなくてはならない事項であろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/823-6c396602
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック