FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
3日、4日と東京の拓殖大学にて、上記のテーマで全国から集まった議員間の激論が行われた。現在拓殖大学の地方政治センター長である竹下 譲先生,中邨 章先生、並河 信乃先生らの声かけで始まった。
   竹下

一日目は竹下先生の講義で、現在の日本は危機であるがその時こそ地方がしっかりしていれば安全である。それには議会がしっかりしなくてはならない。

今の議員は議案審議。予算など職員がすべて正しいとして質問をしない。選挙で選出された議員であれば市民のために政治をやるべき。

一般質問も言いっぱなしではなく、その一般質問を議員一人ではなく、議員同士が議論する議員活動とすべき。予算の中では決算が重要で、それをまじめに議論すること、事業仕分けも議員の仕事である。

議会では議員が職員に質問するのみで、職員と議会との関係のようだが、住民の発想を中心とすべきである。これらの話をもとに今議員であるあなたは必要かという議論を分科会に分かれて行った。

2時間足らずの議論であり、地域によって議会の状況がずいぶん異なることため、結論までには至らなかったが、頑張る議員が集結したため、元気をもらうことができた。

明日9時30分から議会改革推進委員会である。これらの勉強が役に立つといいのだが・・・・・・。








議員同士の激論会。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/818-7837d445
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック