fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
先日男女共同参画会議で、飯尾渉さんの原発のお話を聞くことができた。原子力はその風向きにより影響が違ってくること、ですからこのあたりは浜岡原子力発電所より、駿河原子力発電所の方が問題である。

「先日飯館村に行くと、人工的には何も損傷がないのに家には誰もいない。田んぼの風景は雑草に代わっている。とても恐ろしい光景であった。風景は人が作るものだと実感した。人間が正しく入り込んで初めて環境が守られる。
    飯尾
 

世界3大漁場の気仙沼はカツオ漁業である。陸に向かって海の上を火事が走っていたところである。全国からカツオ船が入ってくる地域で、船は1艘も無い港である。だから今、製氷工場があるといいらしい。マグロの集積港でもあったが、震災により今は清水港にマグロは集まるそうだ。

この漁港を復活するには塗装、重油補給のドッグが必要である。色々含めてまちづくりであり、仏入れて魂入れずにはなって欲しくない。今後病院が必要になってくる、その時大切なのは建物ではなく人である。受け継いでいこうとする人がなければ衰退していくであろう。

田んぼも耕さなくてが枯れて行く。このような東北で学んだことを今後地元で活かしていきたい。」


以上が飯尾さんのお話で、その後得意の歌をギター片手で歌われた。最近元中京大学で現在「至学館大学」の校歌を作詞作曲され、その場で披露していただいた。普通の校歌に比べ,JーPOPのようで、なんとも楽しい校歌であった。中日新聞の論説委員でもあり、他にいくつもの役をもっている大変忙しい方である。

以前名古屋で行われる講演をよく聞いたが、何度聞いても刺激的でためになる講演である。今回ももっと多くの方に聞いてほしいお話でした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/787-24e2f3a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック