fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
昨日、外食フェアーが吹上ホールであり、十四山の友人が水耕栽培の設備の展示をしているので出かけて行った。その友人は、「なばなの里」で温室に素晴らしい花を咲かせている仕掛け人である。設備にお金はかかるが、虫は付かないので衛生的で、気候に左右されずに供給できるというもの。
      

常滑にもJRが水耕栽培の工場を建設したことは、皆さんも新聞などでご存じだと思うが、これをもっと増やしていき、野菜のない国に供給できる位にしたいというのが彼の夢である。

国際空港のあるまち常滑市にとって、空港を活かした「まちづくり」としては大変興味深いものである。好きな野菜をその場でちぎり、食すことができるレストランなどもできると楽しいであろう。緑に囲まれた野菜の温室は常滑で話題になるのでは?

前島には東京かねふく、コストコホールセール、空港等には航空宇宙特区、山寿セラミックなどの進出が予定されている。しかし、まだまだ前島には利用可能な土地が眠っている。行政任せではなく議員として何ができるか市民の皆様と一緒に計画ができればと思っている。

何か情報があればお知らせください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
水耕栽培について
ずいぶん前のことですが、東京女子医大の今井通子さん(医師、登山家)が、テレビで水耕栽培について話しているのを見たことがあります。
それによると、「土の中には体の健康を保つために必要な栄養素として微小元素というものが含まれている。これの摂取不足は、まだまだ分からないことが多いが、アトピーとかアレルギーも関係しているようだ。土で育った作物には微小元素があるが、水耕栽培で育った作物には、これがふくまれていない。したがって、健康のためには土で育った旬のものを食べるのがよいと思う」

確かに水耕栽培は、虫は付かないので見た目がきれいで、気候に左右されずに供給できるので、商品生産としてはいいでしょうね。
でも、こんな意見も参考にして頂きたいものです。
井上議員は、大学では食物学のご専攻とか。釈迦に説法だったかな。
2011/11/18(金) 19:23 | URL | たんたんたぬき #bOurk9sE[ 編集]
有難うございます
たんたんたぬきさま

相変わらず博学でいらっしゃいますね。情報を有難うございます。とても参考になります。
ただ私は聞いた話ですが、水耕栽培をするとき、ただの水だけで育てるのではなく、水の中に栄養素も入れるようです。
しかし、とんな栄養素かはわかりませんので、今度調べたいと思います。
2011/11/19(土) 23:51 | URL | 井上恭子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/784-504e1dfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック