fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
会派という名のなれ合い政治

議員は特に古参議員はそれが当たり前のごとく、この時期会派をつくるために奔走します。しかし、なぜ会派が必要なのか未だにわかりません。

最近若い人から「会派とは何ですか」と聞かれることがある。
「会派」とは、意見を同じくする者が集まる会という議員がいる。果たしてそうでしょうか。事柄により意見が異なるのは当然であり、それを議論するのが議会であるはずです。しかし、議会は議論をしていません。

会派を大きくし議長・副議長・委員長などを得、自分たちの意見を通すといいます。しかし現実は議長室に議会事務局が入り、議会をスムースに進めるための話し合いが何度もなされているようです。そしてほとんどの議員は市長が提出した議案には全て賛成をします。

私はこの4年間に議長室に入ったのは、「バッチ付けるように」とかお叱りを受けるときくらいで、話し合いをしたことが一度もありません。これは議長が最大会派から選出されているため、偏りがちなことがあるためです。やはり議長・副議長は会派を抜け、公平な立場で臨むべきでしょう。

「会派」という仕組みは、法律に書かれているものではなく、過去の慣例で行っているものだと思います。
本来2元代表制の仕組みを重んじるならば、会派ではなく、委員会でその分野分野で議員同士が話し合うことが良いのではないでしょうか。

今後、4年間でこの制度作りをしていき、常滑市の問題を議論をし、活性化していきたいと思っています。
そろそろなれ合い政治に終止符を打ちたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/689-b7a23d53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック