fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
子ども手当据え置き、控除廃止

6月議会で「常滑市条例の一部改正」について反対討論をした。
共産党の佐々木議員と、私だけであった。

こども手当の支給が月1万3千円に据え置かれると専業主婦の妻と3歳児未満のこどもが一人いる年収700万円以下の世帯は、扶養控除廃止の影響で6万~1万円の負担増になるからである。高校授業料の無償化に伴い、やはり父母の負担は6万円増加になるということである。

7月17日の中日新聞には「、専業主婦世帯、負担増も」という見出しで、第一生命経済研究所が公表したデーターをもとに、これらのことが書かれてあった。

こども手当に対しては世論は厳しい目で見ている。市町村の議会も国が決めたことをうのみにするのではなく、もっと調査して反対をしなくてはいけないのではないか。政務調査費を有効に利用する必要があるのではないか。
ちなみに昨年、ある会派は政務調査費を返還したと聞く。政務調査費をただの旅行とする人たちには必要ないかもしれませんがね・・・・・・。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
もらうばかりではどうかな?
年収700万円以下の世帯というふうにひとからげにすればそうかもしれないけれど、もともと税制の控除というのは収入がたくさんあるヒトが恩恵をうける仕組み。
すくないヒトには適用されません。
このご時世、6~700万もあればオンの字。
たとえば、年収がも~っとすくない世帯にあってはどうなんでしょうか。
2010/07/17(土) 16:19 | URL | たんたんたぬき #bOurk9sE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/508-eba086cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック