fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記

  新市民病院はどうなる?

総務省が示した公立病院改革ガイドラインによって、経営改革を各市町に推し進めてきた。その中、愛知県は各医療圏ワーキンググループで検討を進めるとともに、「公立病院など地域医療連携のための有識者会議」を設置し、各医療圏での検討に対し、助言・指導を行うこととなった。

1、名称  半田市・常滑市医療連携医等協議会(連携協議会)

2、設置目的
  両氏は、地域医療を守り、市民の安全と健康を確保するため、両病院の医療の連
  携、協力などに関する具体的な方策を協議すること。

3、協議内容
(1)救急医療や両病院相互の円滑な紹介などの医療体制に課題に関すること。
(2)医師・看護師の確保及び育成に関すること
(3)病院経営の効率化のための方策に関すること。
(4)将来にわたる地域医療の安定確保のための情報交換に関すること。

4、組織及び構成
(1)連携協議会 10人以内(両市長、両病院長、両病院医療職員、両市行政職員
(2)作業部会  6人以内(両病院事務局長、両病院事務局職員)

 何年も前から取りざたされてきた問題だが、ようやく7月21日には第1回の協議会が開催される。新市民病院の行方がこの協議会でも協議されるであろうが、この件についてはまだ議会では話されていない。

常滑市も新市民病院を建設するのなら、市民一人当たり2万円出すつもりの覚悟がいる。4人家族なら年間8万円払い新市民病院を建設するかは市民が判断する必要があるであろう。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/507-d4c3610e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック