fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
使わない水に59億円

長良川河口堰が運用から15年を迎える。昨年度までの維持管理費は187億円に上るという。このうち愛知、三重両県は工業用水、名古屋市は水道用水の管理費として計59億円を支払ったが、一滴も使われていない。7月6日付の中日新聞の1面に掲載されていた。

私は15年以上前になると思うが、「常滑市生活グループ」という会に所属していた時、建設前の長良川河口堰を見学に行った。取水口付近に工場があり、環境的に良くない場所にあった。その当時から水は今後も必要ない、今のままでも十分だということで、反対を唱えている人がいた。長良川の利水については、今後必要ない水ということがデーターまで出されていた。

しかし、その声もかき消されて建設に至ったが、その後も長良川の水は知多半島の飲み水として供給され、木曽川のきれいな水は農業用水に利用されていると聞き、とても疑問に感じていた。

いつの時代にも正当な意見を唱えていても、権力をもった人たちの力で進められ、少数意見がかき消されてしまっている。そのためには本来議員(国会議員も含めて)の仕事である事業仕分けで、このような事業の見直しをもっと早くすべきであったと思う。

財政難の続く市町村にとっては、もっと多くの住民が自分たちの税金の使われ方に興味を持って、市政に参加していく姿勢が、市を救うキーポイントになるのでは・・・・・・・。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/503-93af8c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック