fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
東風さんのコメントに「常滑市議会委員会傍聴基準」を教えてほしいということ
なので、下記に列記します。

常滑市議会委員会傍聴基準
1、趣旨
  議会活動をより市民に身近なものとするとともに開かれた議会をめざし
  委員会の傍聴を実施する。

2、対象者
  傍聴を希望し、委員長の許可を受けたものとする。

3、対象委員会
  常任委員会、 特別委員会とする。

4、定員
   一般傍聴者(市政記者クラブ員を除く。)の定員は、原則5人とする。ただし、委員長は、
  会議室の都合により定員の数を変更することができる。
   なお、定員を超える場合は抽選により決定する。
5、受付
  (1)委員会の傍聴を希望する者は、委員会開催時間の1時間前から15分前までの
     間に当該委員会傍聴許可書申請書を委員長に提出しなければならない。
  (2)締め切り時間を過ぎた時は、定員を超えていない場合においても傍聴許可
     の申請はできない。
6、その他
  (1)傍聴者は、傍聴席以外へ入ることはできない。
  (2)傍聴者が退席した場合は、原則として再度の入籍は認めない。
  (3)この基準に定めのない事項は、常滑市議会傍聴規則を準用する。
付記
 平成16年3月18日議会運営委員会にて了承

上記の傍聴基準を市民のほとんどは知らないのではないだろうか。多くの市民が傍聴するということは市政に興味を持つということなので、地方自治法にある議事の公開の原則にのっとり大いに開かれるべきであろう。
     
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
傍聴自由の原則を貫いて、矛盾を的確に追及してください!
1番の主旨に則って委員会傍聴を実施するにも拘らず、2に於いて「傍聴を希望し、委員長の許可を受けたものとする。」とありますが委員長氏は一体何の権限を持って自由権である傍聴の許可不許可を決定しているのか?これこそが違法行為です。
委員会傍聴といえども上位の法令である「常滑市議会傍聴規則」に則るべきであり、締切時間だの人数制限だのは、すべて傍聴規則違反であり違法です。
本来、傍聴規則第3条にあるように自己の住所、氏名及び年齢を傍聴人受付簿に自署すれば何人も出入り自由で手続きは簡単なものです。
まして議長や委員長の許可など必要はありません。不許可などあり得ないのです。しかも、付記に於いて、平成16年3月18日議会運営委員会にて了承とあります。これは正規な規則ではなく単なる内規、若しくは議員同士の申し合わせの類です。
まずこの委員会傍聴基準を改善するか撤廃して下さい。

2010/07/10(土) 12:34 | URL | 東風 #vIXFS59k[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/496-f2195be7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック