fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
「どうなる日本の政治・経済」 三反園 訓氏

                    みたぞの
本日、常滑商工会議所において、日本電信電話ユーザー協会知多地区協会主催の三反園 訓氏の講演会が行われた。彼は現在、テレビ朝日コメンテーター。

鳩山さんの支持率が低くなっているが、選挙には問題ないそうだ、それは政党の支持率がどう動くかで決まるからだ。鳩山さんと谷垣さんの勝負なら、民主党が勝つであろう。自民党で勝てる議員は舛添氏であろう。

戦略を立てることが一番うまいのは小沢氏であること、枝野氏の入閣に関しても小沢氏が関与している。鳩山氏と小沢氏は切れない関係になっているなど、大物政界人の名前が出てきて大変面白い話であった。

経済に関しては、数字の上では回復するが、実感はできないだろう。しかし、全業種がだめになるのではないので、どのように勝ち組になるかである。その第1条件は社員のモチベーションを上げること。わが社にしかないものを作ること。なければその努力をする。自分ができなければ社員を追い込み、危機感を感じさせ作っていく。

今後、大型事業は難しくなるので、内需拡大は見込めない。中国のお金持ちや、内陸部の人たちは、メイドインジャパンをもとめているので、それを推し進めていく。

若い人は政治は関係ないというが、政治が若者についていく。税金など、生活すべてが政治である。故に政治家は市民に安心安全を与えなくてはいけない。借金を作ったのはだれの責任か。結局市民の税金で返さなくてはいけない。

米国の上院議員は100人程度だが、日本は242人もいる。国会議員も定員削減をし「自分たちも身を削りましたので、皆さん一緒にやっていきましょう」と言うのが政治家の役目であろう。最後に、与党野党問わず、政策を作ることが大事であり、夢や希望を持ち、勇気をもって決断をしてほしい。

最近どの講演に行っても、議会が形骸化しているとよく言われ、議員定数削減が話題に出る。常滑市もそろそろ考える時期に来ているのでは?



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/411-a65d48b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック