fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記

「政治とカネ」問題、もう打ち止めにしよう
                      構想日本 代表 加藤秀樹

                  (J.I.メールニュースNo.438 2010.02.12 発行)

事業仕分けで活躍の、構想日本代表の加藤秀樹さんのメールが届きましたので、転送いたします。

またもや「政治とカネ」問題だ。

構想日本は2004年から繰り返し、対症療法ではない抜本的な制度改正を

提言してきた。まずそのポイントからご紹介したい。


(1)国会議員の政治団体の一本化

国会議員が政治資金を受けられる団体には(1)政党支部、(2)資金管理団体、

(3)政治団体の3種類あり、しかも(1)、(3)は1人で複数持てる。(多い人

は100近くの政治団体を持っている。)法律ではこれら団体を連結し、

資金の全体像を示すことは義務付けられていない。団体間の資金移動も

自由だ。(例えば小沢議員の関連政治は10以上もある。団体間の資金移

動は、2005年度で約3億4000万円。)このことが政治資金における不透明

感、不信感そして不正が生じる中心原因だ。資金の受け入れ団体を一本化

し、財布を一つにすることが、政治資金の全容把握に不可欠だ。


(2)「外部監査」の義務化

2007年の政治資金規正法改正により、登録政治資金監査人(弁護士、公認

会計士、税理士によって構成)による監査が義務付けられた。しかし外形

的・定型的な監査にとどまらず使途の妥当性等も対象とすることが実質的

な監査には必須である。(政治資金適正化委員会の「政治資金監査に関す

るQ&A」では、「政治活動の自由の確保の要請に応える」ことを理由に

「政治資金の使途の妥当性を評価するものではありません」と明記されて

いる。)


(3)すべての収支報告書のインターネット公開と複写の解禁

同じく07年の法改正により、すべての収支報告書の複写が可能になった

(それまでは報告書のコピーはできなかった)が、インターネットでの公開

は総務省提出分のみで都道府県選管提出分は対象外だ。これでは、議員の

政治資金の全容を把握するために十分な情報開示とはいえない。


「政治とカネ」の問題の本質は入口の規制よりも出口の透明化だと思う。

主要政党は企業団体献金の廃止を打ち出しているが、メディア論調におもね

り「企業団体献金=悪」と決め付ける前に、企業からお金をもらうことが悪

なのか、金額の多寡が問題なのかもっと冷静にすべきだろう。もし、金額の

問題であるならば、現在の総額規制の上限の引き下げの議論になるべきでは

ないのか(ちなみに、欧米諸国において企業団体献金を完全に禁止している

ところはない)。


各国、そして過去の経験からすれば、規制を強くしてもその分抜け道ができ

るだけのことが多い。規制はシンプルにわかりやすくし、金の出入り、使い

方を完全に透明にし、チェックしやすい仕組み作りの方が良いと私たちは考

える。


事件が起こった時だけ大騒ぎするマスメディア、自分を訴状に載せようとは

しない議員に期待するのはやめて、国民の声で問題の根っこを断ち切るため

の運動にしていきたい。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/13(土) 14:37 | | #[ 編集]
Re: お気遣いありがとうございます。
ご丁寧なメールありがとうございました。しばらくお便りがなく、少々心配しておりました。ブログというのは自由さのあまり、時には凶器にもなります。私も節度思っをもって書いていきたいと思っています。また気がついたことがあればお便りをください。
2010/02/14(日) 00:16 | URL | 井上恭子 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/407-4692ceab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック