fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
12月4日、議員年金について各派会議が開かれた。
議長より、5月27日「議員年金は廃止すべきでない」という全国議長会で議論が
出たこと、県も東海市議会議長会も同じ意見であったこと。

11月16日には愛知県市議会議長会から全国市議会議長会の案(廃止をするのでなく、
公費負担を増やすことで維持する)について賛否などの意見があれば、17日までに
連絡するようにということなどの経過説明と、今後、他市との動向を見ながら
報告をしていくというお話であった。

しかし、何年も前から議員年金の破たんについては、いろんなところで耳にしてい
たが、常滑市議会で議題として出たのは初めてである。今回、県の議長会からは各
市町村に対して一日で返事をしてくれという書類がきたり、それに対して議員には
何の連絡も協議もせず賛否の回答をする議会など、これが民主主義の世界であるか
と疑った。

全国市議会議長会のメンバーはほとんどが長老(長年議員をしている方)で、議員
年金の掛け金も多いのであろう。議長会の意見が即全議員の意見としていこうとす
る行為が今までされてきたのであろうか。確かに、派遣議員が東京などの会合に何度
も参加するが、一度も議会に内容の報告がない。

今回は我々議員一人ひとりが、月約7万円の議員年金掛け金をかけていることと、
公的資金(皆さんの税金)を使っていることなので、議員全員が議論することだと
思う。また、市民を入れた議論も必要ではないだろうか。


<11月25日中日新聞より>
市議会議長会、公費投入して維持を
市町村合併の余波などで地方議員年金が2年後に破綻をするという。
今年3月に総務省が設置した検討会が複数の案を提示。年金給付額の
削除や掛け金引き上げを組み合わせた案のみならず、制度廃止も検討
会の対象に含まれた。
全国市議会議長会などはこれに猛反発。公費負担を増やすことで年金
制度を維持する独自案を打ちだした。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/378-c1a67f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック