fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
観光=住んでよし、訪れてよし

景観 景観



 本日常滑市民文化会館にて、景観シンポジュームが愛知県建設部公園緑地課主催で行われました。まずはじめに「路地と景観まちづくり」というテーマで全国路地のまち連絡協議会の今井晴彦氏が講演し、第2部では「産業観光と景観」をテーマに、コディネーターに丸山 優氏、パネリストに木下幸男氏、坂倉守氏、上用敏弘氏をお招きしパネルディスカッションがおこなわれました。
 
 「景観と観光とは別のものとすること。景観はそこに住む住民やコミュニティがどうすべきか、地域で必要ならば保全をする。それが観光資源と思えば活用していけばいいのでは。」「住んでよし、訪れてよしが観光であり、町は交流がなければ、だめになる。外との交流が必要である。外から来る人を受け入れないところは成功しない。外国の人などが入るとトラブルことがあるが、それが慣れてくるとだんだん受け入れられるようになる。ぜひ海外の方を受け入れてほしい。」など景観からやはりそこに住む人のこころがけで町が変わるのだということではないでしょうか。
 
 このシンポジュームは県の主催なので、背広族が大勢見えてましたが、常滑市長はじめ幹部の方の顔はありましたが、市民の顔がとても少なく残念でした。折角常滑市でこのようなシンポジュームがあるのですから、今後情報の流し方を考えるべきでしょうね。



スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/246-be97bfcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック