fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記のタイトルは、本日の中日新聞1面の作家・大江健三郎氏の記事である。私は特に集団的自衛権行使容認については、三権分立から言えば内閣総理大臣が決めることではなく憲法違反であるため反対です。

日本の憲法はアメリカからの押しつけと言われますが、諸外国から羨ましがられるほどいい憲法とされています。特に9条の戦争放棄の部分は絶対残すべきであります。

尖閣諸島や竹島問題で中国や韓国との軋轢があると言いますが、中国は他の国とも領土問題ではもめており、ベトナムに対しては、海底に走るラインを切断したり、かなり嫌がらせを行っているようです。

しかし日本に対しては一目置いているようなので、戦争になる可能性は低いと考えます。中国の富裕層の方は戦争をすることは考えてないようですよ。

ともかく、集団的自衛権行使容認や秘密保護法はアメリカの要望であり、戦争への道が広がって行くことは明白であると思います。日本はアジアの中で平和を軸としたリーダーシップを取ってもらいたいですね。次世代に負の荷物を残さない社会にしたいものです。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1560-517e1b0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック