fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
政治に関心をもたないとどんどん汚くなってしまう

星野広美さんという方が毎週とても面白い内容のメールを送ってきてくれます。。今回彼は「あてになる国のつくり方 フツー人の誇りと責任」という本で、著者は井上ひさし、生活者大学校講師陣。
元は、2002年に刊行されていて、それの文庫版です。 その一部で私が気になったところを抜粋して掲載しました。


第三章では、井出勉は…
 「「政治は汚い」のではなく、「政治に関心をもたないとどんどん汚くなってしまう」のではないでしょうか。フツー人が一歩を踏み出すことで政治の専門家(政治家)にも緊張感が生まれるのです。そしてフツー人が様々な連携をひろげ、さらに国境もこえて世界のフツー人が結びつき、協働していくことが、グローバリゼーションのひずみに抗う力を生み出し、新しい可能性をこの地球にもたらします。」と。

 終章の最後に、井上ひさしは…
 「最近の動きは、ミサイルや核弾頭を持って世界を運営していこうという大きな力がある。そして、その隣には、緑、水、歴史それから商店街などを基礎にして、昔から引き続いている文化を大事にしながらいきていく国がある。たとえていえば、核兵器を備えた町と、緑の町が隣り合っている。では、これから、わたしたちは、この地球のどちらの町に住むのか。この地球をどういう町にしていくのか。これをわたしたち一人ひとりの責任で決めるのです。そういう意味で、わたしたちの責任は重大です。」と結んでいます。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/137-29f503e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック