fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
昨日一般質問が終わりほっとしたところ。一般質問は市民に知らせたいこと、考えてほしいこと、行政に対してはやってほしいことなどを題材にしている。毎年、準備には資料集めから、聞き取り、資料作りなど時間をかけてやっているが、質問日の前の日に内容を(質問は通告してあるので変えられない)ガラッと変えてしまうことがある。

それがいつも準備不足となるのである。今回、財政がひっ迫している常滑市の借金を次の世代に多くを残すのではなく、健全なる財政計画をと投げかけた。

今後は市民の協力なくしてはどうにもならない財政状況であり、理解してもらうには多くの情報を市民に投げかけ、市民が自分たちで考える体制を整えていく必要がある。

しかし行政からの回答は、我々は一生懸命やっているという。事実そうである。しかし、価値観、認識、スピード感の違いが民間とは大いに違うのではないかと感じる。

一般質問を個人の議員がして、その後その質問に対して、議会内で話し合うことは今まで一度もない。本来、病院、財政、ごみ問題、公共施設老朽化問題など、市民の税金に直結した案件は議会内で議論し、2元代表制の片方の市長に提案していくべきではと思う。

会派ごとには議論し市長に提案しているというが、それでいいのであろうか。それならば18人も議員は必要ないであろう。市民の意見はどこで反映されるのであろうか。
一般質問に対して最近むなしさを感じる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1268-616e73b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック