fc2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
ボートピア川崎の閉鎖を求む
                    
                     情報公開を拒む行政マン  
                   
 (1)常滑駅周辺地区まちづくり        
 常滑駅前開発計画事業はツインビル、駅周辺の道路拡張、一般送迎用広場がつくられるそうです。
駅東の家が軒並み壊され、18メートル道路に拡張され、ツインビルができます。どこでもある駅前ビルになりそうで、常滑らしさを強調した街はどどこえやら。
  ほとんど市民が知らないところで、進められている事業でした。

(2)にボートピア川崎の運営に関する委託について
 平成10年にオープンしたボートピア川崎は毎年2億円の赤字が続き、累積赤字は現在約16億円。ゆえに常滑市は今年10月から(株)ダイリツプランニングに事業運営をで委託予定。
その会社は2年前倒産し、現在東京の不動産会社が所有。資産は4億5千万円、負債15億円、うち借入金12憶円。
 そんな会社に常滑市と蒲郡市は4億5千万円もの赤字見込み相当分を支払い、委託します。
 行財政改革で5万、10万円と汗を流して節約しているのに、支出根拠がない血税を出そうとしています。
 一番問題はダイリツの会社についてほとんど説明せず、うそを言ったりし、隠し通して進めようとする行政マンの体質でした。
蒲郡の競艇事業の方はすべて議会に説明し、議員たちも1時間以上議論したそうです。常滑はほんの5分~6分ほどで、議論にもなりませんでした。他の議員は何も聞かされない、議会無視のこの状態でも怒るでもなく「新風クラブ」だけの力ではどうにもなりません。皆さんのお力をお貸しください。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/125-61fa6a11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック