FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
昨年から開催されてきた議会改革委員会の最終として、千葉県から講師を招き勉強会を行った。その市は10年かかりで議会改革を行ったということである。

議会改革は議会基本条例ができて加速してきたそうで、議会での採決は携帯で行い、その賛否が議場の電光掲示板で表示され、インターネットで市民が見れるようになっている、また、議員の一人一人にipadが配布されている。しかしながら、議員の3分の2はその操作がまだまだという。

その市は子育てをしながら共働きしている層にターゲットを絞り、子育てをしやすい街にしていったおかげで他市に比べても人口が増加していった。

例えば、駅近くに子供を預けると、そこから保育園などに送ってくれるシステムで、1回100円で利用できるという。2年前から30代が多くなってきた。

議会改革とはあくまでも手段であり、議会としてどうありたいのか、議員とは、その市をどうしたいのかを議論することである。

まさにその通りであり、今回の常滑の議会改革のテーマは、見える議会、一般質問、委員会の3つであり、議会として、議員の在り方などの基本的な話し合いがなされていない。また市民が参加できる議会改革が抜けている。

今後はこの項目を入れた議会改革を行い、ただ単に市長与党として賛成しているだけでなく、より良い常滑市にするにはどうしたらよいかを議員全員で議論し実践する議会になっていきたい。


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1111-18271933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック