FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
昨日、国際ビジネス交流協会の例会が名古屋ガーデンパレスあった。講演は「中小企業M$Aの現状について」講師は「日本M&Aセンター」の山口氏、「中国と日本の今後」はSEM開発(株)代表渡辺省三氏からお話を伺った。
      国際


今後日本の人口が減少すれば物の購買力が低下し、経営は難しくなる。中小企業が抱えている問題3点
(1)後継者不足は3社に2社が不足と言われて、国内企業の65,9%。
(2)経営者の平均年齢60歳。
(3)今後100年間で毎年65万人の人口減少。2100年6414万人になる。

M&Aとは企業譲渡・譲受のことで、これらの問題をこの会社がコーディネートするというもの。公共施設更新問題での老朽化対策も、民間のこの手法を使い、早い時期にするよう訴えていきたい。

中国との関係は現在冷え切っているようだが、メディアで見る中国人を見る限り、対日本人としてあまりいい印象ではない。しかし実際多くの中国人は落ち着いているという。やはり人間関係が重要な要素であり、信頼できる中国人経由でビジネスをという助言であった。

今後まだまだ中国との関わりは重要であり、今後の政府の動向に注視したいところである。

スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1110-e55cc284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック