FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
昨日の市議会協議会で、ごみ焼却場建設予定地の代替候補地とその評価及び選定スケジュールが発表された。代替候補地5件の経済面を抜いた評価が出されていたが、今回ダイオキシンが検出された半田クリーンセンターも候補地の一つに加わっている。

知多南部広域環境組合のホームページに管理者である半田市長は「安全で安心な事業を進めてまいります。」とある。安全と安心を重視するならば、今後処理場建設中にダイオキシンが出る可能性のある最終処分場跡地は選定しないのが常識であろう。

半田クリーンセンターはH19年の候補地選定の一次選定における除外条件に「大規模造成工事及び取り付け工事で多大な費用を要する」がありながら、「なし」と虚偽の記述をし候補地に選定されている。

今回の環境面の土地利用状況と周辺状況では半田クリーンセンターは二重丸になっている。ダイオキシン検出場所だという安全面を選択するという安心安全項目はない。選定基準を変えればどうにでもなる判定基準である。

先回の反省を考慮していない代替候補地選びにますます行政に対する不信感が募る。どうか皆様この問題を注視いていただきたいと思います。よろしくお願いします。

ごみ処理施設を考える学習会のお知らせ
2市2町(江南市、犬山市、扶桑町、大口町)による尾張北地域ゴミ焼却処理施設の建設についてです。常滑市でもとても参考になる内容です。
講師  朝日新聞記者 杉本裕明さん
日時  2月24日(日)10時~12時
場所  布袋北地区学習など共用施設
    (江南市木賀町新海278)
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1074-dc6ccbf9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック