FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
4日、5日東京の自動車会館で行われた自治政策特別講座に参加した。4日は3つの講座で「予算はこう見る」、「政策実現に職員を生かす」「政策の選択と集中はどう行う」というテーマであった。

その中、第3講義の元多治見市長である西寺雅也氏の講演が面白いものであった。

国の赤字国債問題を議論するとき「財政規律」が問われる。多治見市は財政規律を定めた「財務条例」をつくり、政策の「選択と集中」のために不可欠な総合計画。総合計画には、基本構想、基本計画、実施計画でおこなわれるが、現在議会はただ承認するだけになっている。

総合計画を作るときは議会も市民も基本計画から参加し、合意を得なくてはいけない。首長のマニフェストに基づく総合計画の見直しは必ず4年間の間にはやること。

会計はただ単に一般会計を見るだけではなく、企業会計を含めた全体として財政をとらえなくてはならないということで、多治見市は財政条例制定を行った。などなど・・・・

この講座終了後、以前講師として常滑市議会に来ていただいた竹下 譲氏と元多治見市長であった西寺氏と今回のスタッフの方々と一緒に夕食をした。いい講演を聞き、また竹下先生の戦後のものが食べれなかった時代のこと、優れた政策が行われた江戸、明治時代の政治の話など聞けて、とても有意義な一日であった。
       竹下先生


スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kyoya5052.blog52.fc2.com/tb.php/1058-419d497f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック