愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地域問題研究所主催の講演が名古屋で行われた。都市計画家であり、今までにも多くのタウンマネージメントをしてきた加藤 寛之氏のまちづくりのお話であった。
      伊藤
 
「まちづくりを、合意形成、ワークショップ、市民参加、みんなで仲良く、街コン、街ゼミなど個店支援と思っていませんか」から始まった。また町に元気がない理由を空き店舗がある、駐車場がない、お客が来ないなどと言ってませんかとも。まちづくりを手掛けてきた私にとって衝撃的な言葉であった。

昔は町の中心に商店街があり人が来た時代が、今や郊外に人が移動しまちが形成されている。この現実を見て、街の価値を変えていくためにイノベーションが必要と説く。町の価値を再発見し、新しいチャレンジが生まれる仕組みが必要という。
        tyuusinn.jpg

いいまちを守り育てるシンプルなメソッド
1、現在地を知る。
2、ファンづくり(人にフォーカス)今あるコンテンツの再評価
3、仮説を設定、戦略を組む
4、限られたソースを認識し、クロスSWOTで優先順位
5、組織環境づくり コンセンサスと実行をわける。  トータルプロデュースが必要

ファンを作ることが必要 最初のファン(シーダー)
1、他人はどうであれこのまちが好き
2、いいところを自ら探す
3、多くの人に語りだす

シーダー(ファン)の設定
1、1970年から1980年代をシーダー族という
2、手作り、歴史、自分の好きなところにはお金を出す人、ブランドはつけない人
3、拡散能力のある人。
4、子供のためではなく、自分のために動く人(子どもも巻き込む)
大野コミュニティでまちづくりをやってきた私にとって、これはまさに自分のことを言われているようであった。(1970年代?)
事例を出しながらまだまだ面白いこの話は続いていった。行政として何をやるべきかは、我々のような専門のコーディネーターを雇ってくださいとのことでした。

2講目の「北九州市におけるリノベーションまちづくり」は北九州市産業経済局産業政策課係長 片山 二郎氏のお話も素晴らしかったです。今日も素敵な出会いがありとても幸せでした。これらを是非常滑にも生かしていけたらと思っています。
スポンサーサイト
本日、9月議会報告会が「大野町きょう屋」でありました。人数は少なかったのですが、常滑市の現状をゆっくり皆様にお話しすることができました。
本日の内容
1、9月議会での一般質問の説明
 ○病院の運営と経営の向上を目指して
○行財政プラン2011の検証と見直しを

2、12月議会の一般質問
  ○子宮頸がんワクチン接種の危険性を住民に
  ○浄化センターの維持管理費等を包括管理委託に
  ○常滑市民病院の経営状況の明確化を
このところ12月の一般質問をするために調査や聞き取りをしています。しかし13日、パリ同時テロによる多くの犠牲者が出たことに大変胸が痛み、フェースブックから入ってくる情報にくぎ付けです。一方的にテロをするものが悪いと非難する人があるが、本当にそれだけでいいのでしょうか。このような事態となった背景には、我々では計り知れないほどの歴史が刻まれています。目には目を歯には歯をでフランスはISを攻撃するという。この方法で決してテロはなくならないどころか、憎しみが増大するだけです。アメリカの70年もの長きにわたる戦争が何を意味するのか多くの方はわかっていることと思います。

カナダの首相は「イスラム国」に対する空爆作戦からの撤退を通達して、オバマ氏に勇気のある通告をしています。また、古館一郎氏は、シリアへの空爆はテロだ!と表現しています。安倍首相は「フランスとは一体であり、テロを非難する。」オランダ大統領に「必要なことは何でもする」と海外で発言をしています。これではテロを誘っているのではないでしょうか。安保法制が成立したので、集団的自衛権の行使が行われます。「安全な国日本」という神話が崩れていくような気がしてとても心配です。
最近、フェイスブックが手軽なため、ついついこのブログへのアップが滞り申し訳ありません。簡単ではありますが、私の日常を掲載していきますのでよろしくお願いします。

昨日、常滑市で37回農業まつりに参加しました。お餅、花の苗、米パン、苗木など貰えるものが満載の祭です。勿論新鮮な野菜や果物も売ってます。農業関係の方たちなどの表彰もありました。
         農業まつり2
         農業まつり

わたしは「530とこなめ」の方たちと、ごみ減量を皆さんに訴えました。常滑市が来年補助金を出して推奨する「キエーロ」の使い方などを皆様に説明しました。生ごみが数日のうちに土になるというしろものです。ぜひ皆さん来年試していただきたいと思います。

また、お馴染みのごみの分別ブースも設け、ごみの減量を皆様に訴えました。こちらの協力もよろしくお願いします。
FL政治塾「子育て支援新制度を学ぶ」で田代保育園加賀さん(共保⇒認可園)、びーかぶー古賀さん(24時間無認可園)、新聞記者稲熊さん(子育て中)のお話しを伺いました。
子育て講師

今他市町では待機児童が増え続けています。どうせ出しても入れないとあきらめている人も多く、国が出しているデーターより実際は多いといわれています。
子育て

現在国では出生率1,8%を目標にしていますが、これからの労働者不足に女性の就労を進めています。本当に女性の就労条件が整わない限りこれはかなり難しいことです。掛け声で終わらないようにしたいものです。

働く女性が増え、この問題は大切であるにもかかわらず、「3歳神話」がまだまだ浸透しているため、なかなか解決出来て無いのが現状です。本日の3人の講師は、実際現場を知っている方のお話でしたので、もっと多くの方に聞いてもらいたいと思いました。

先日、北原国際病院の見学会に参加しました。八王子市駅前の病院は、まさにホテルの受付であり、ロビーのような待合室であった。受付の女性は立って応対をし、笑顔で挨拶をしていたのに、心良さを感じました。
受付
老化

もう一つの病院にはお酒が飲める場所もあり、これにもびっくりです。花を愛する北原院長の話は、患者のための病院を目指し自由な発想で海外への病院建設も始まっています。先日北原院長はテレビのカンブリア宮殿という番組に出演していました。
居酒屋

今常滑市民病院には経営者と職員のやる気を起こさせる仕掛けが必要です。市長に訴えていますが、なかなか現実には進んでいません。一人の力ではなんともなりません。市民が動こうと会をを立ち上げました。11月29日18時からきょう屋で例会を行いますので来て下さい。お待ちしています。
中央農場で約600人弱の家族がサツマイモ取りを楽しみました。今年6月にサツマイモを植えましたが、暖かかったせいか、どれがサツマイモかわからないくらいに雑草が伸びてしまい、皆さん悪戦苦闘した場面もありました。そのせいか、サツマイモが大きくならず、自然の脅威を感じました。昔の人たちはいろいろ御苦労があったのではと感じる出来事でした。
       焼きそば 豚汁
       焼きそば

しかしお天気が良く、家族連れの方たちは、青空のもと会員の作った焼きそばと豚汁を食べて、楽しんでいただけたと思っています。 また来年も行うと思いますのでまたお越しください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。