FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
年4回の(3月、6月、9月、12月)議会とは別に、毎月協議会が開催される。協議会に出される議題は、国から出された計画などを常滑市としての計画にしたものなどを、議会の前に議員に報告し質問を受けるである。

1月23日の協議会の議題は5件でありました。
1、常滑市新型インフルエンザ等対策行動計画(案)について
新型インフルエンザウイルスは、動物、特に鳥類のインフルエンザウイルスが、人の体内で増えることができるように変化し、人から人へと容易に感染するようになったものである。世界的大流行となる恐れがあるので気をつけてほしい。

2、第4期常滑市障がい福祉計画(案)について
第4期常滑市生涯福祉計画」は平成27年度から29年度までの3か年計画とし、障がい福祉サービス、相談支援及び地域生活支援などを充実していくものである。

3、常滑市高齢者福祉計画・第6期介護保険計画(案)について
高齢者が増加してくる社会情勢の中、団塊世代が75歳以上となる平成37年を見据えて、介護サービス、高齢者福祉サービス体制を充実するシステムの実現を目的としてこの計画がつくられる。
その中で介護保険料は月額4950円と値上げとなる。平成37年度は7800円程度になることが想定されるため、高齢者にとっては今後厳しい時代が来ることになる。(所得段階別の介護保険料になる見込み)

4、教育委員会制度改正(地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律)について
教育委員長を今後は市長が任命する制度の変更

5、常滑市いじめ防止基本方針(案)について
国はいじめを重要課題とし、全国の市町村に「いじめ」についての対処のための対策をするよう発し、常滑市もそれに沿っていじめ対策計画を作るものである。

今回の議案のほとんどは国の方針により全国の市町村に来たもので、計画と予算がつくものである。しかし、介護保険料などは市町の事情により、市町の手腕で多少の差が出てくる場合がある。これらの計画により改善されるところや改悪になるところも出てくるため、市民の皆様も知っていただきたいものである。
スポンサーサイト