愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下記のメールが届きましたので掲載します。

 集団的自衛権行使容認解釈改憲に対する官邸前抗議デモが今なお続いているそ
うです。感謝ばかりです。3万5000人以上と報じられたとのツイートも。下
記の中継各サイト、ツイッターをご覧ください!

 しかし、本日、公明党執行部は集団的自衛権の行使容認に向け一任を取り付け
たそうで、明日閣議決定と伝えられています。
 引き続き声を届けましょう。

秘密保全法に反対するあいちの会の有志
http://www.anti-war-aichi.info
7月1日(火)  12時から13時 栄バスターミナル北

 1日は閣議決定予定の日です。
「戦争をさせない1000人委員会・あいち」

も1日の18時より、栄噴水前で街頭行動を予定しています。

study2007
‏@study2007
官邸前「3万5000人以上」 pic.twitter.com/OiIFRWbpsr
https://twitter.com/study2007/status/483599599051878401

IWJ
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=6
http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=7

スポンサーサイト
飛香台に木が生えた斜面があり、その場所は道路にかぶさるように雑草が生えていた。近所に住む友人は、市に頼んでもなかなか刈に来てくれないので、友人2人頼んで10日間でこんなにきれいに刈りました。
       飛鳥台
草を刈った場所とは違うが、現在も飛香台の公園はこのように草が生い茂っている。区画整理で公園を作ることはいいが管理まで含めた計画をしてほしいものである。
        森
市の土地で雑草が生い茂っているのはこの場所だけではない。お金がないからと言って放置するのではなく、市民がうまくかかわれるようなシステムづくりをしていってほしい。

今日は久々に孫と遊ぶ。
大和幼稚園のお祭りに参加。
お母さんたちがいろいろ持ち寄ってバザーを行ったり、ゲームを工夫して楽しんでいました。お母さんのパワーはすごいですね。
          孫
          バザー
          金魚


お知らせ
NHK 証言記録・東日本大震災 第30回
「福島県双葉町」
~放射能にさらされた病院~
【総合】2014年6月29日(日)午前10:05分から放送
http://www9.nhk.or.jp/311shogen/link/program1.html

東京電力福島第一原発が建つ双葉町。町で唯一の総合病院だった双葉厚生病院で
は、震災翌日、災害対策本部にいた院長の友人から連絡を受け、寝たきりの患者
と医師、看護師など100人余りが避難用のヘリが到着する高校に移動した。直
後、原発が水素爆発を起こす。原発建屋の資材が高校のグラウンドにも舞い落
ち、高濃度の放射能にさらされた。2時間後、救助ヘリが到着したが、地域の住
民も殺到したため、病院関係者など56人が乗りきれずに高校で一夜を過ごした。
後の検査で、双葉高校にいた多くの住民が内部被ばくしていることが判明した。
避難生活中に妊娠し、悩みぬいた末に出産を決意した女性もいる。番組では、突
然の避難で放射能にさらされた病院の患者とスタッフの苦悩を証言で綴る。

-----
●男性議員基準が間違いの元 塩村都議が会見
        東京 2014年6月25日
 塩村文夏都議が二十四日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。外国の記者などからは「この国で女性がどう扱われているのか反映しているのでは」「(やじを)やった人間が特定できないのは日本にとっても恥だと思う」といった質問が相次いだ。

 塩村都議は、やじを受けた十八日の本会議以降の経緯を説明。二十三日に鈴木章浩都議(51)が名乗り出て謝罪したが、他にも複数のやじがあったとして「一人が名乗り出て終わってはいけない。再発防止のためにも名乗り出てもらい、都議会が変わることを望んでいる」と話した。

 女性が働く場としての地方議会のあり方を問われると「女性議員は少なく、働きにくい。男性議員のスタンダード(基準)で進むので、男性が思っていることをそのまま発してもいい、という雰囲気。それが間違いの元になっている」と指摘した。

     ◇
 会見に出席した海外メディアの記者からは「(やじ問題は)五十年前のような話」との声が上がった。

 デンマーク紙のトーマス・デイビッドソン記者は「先進国の日本でこんなことが起きるなんて本当にびっくりした」と驚きを隠さない。二〇二〇年の東京五輪開催で注目を集める中、「日本の恥を世界にさらした」と断じた。

 ドイツのジャーナリスト、ジークフリード・クニッテル氏は「ドイツで同じことをやったら議会はストップし、議員は直ちに辞職する。日本社会全体でもっと怒りを示すべきだ」と述べた。

●都議会ヤジ:外国特派員の反応「日本のチャンスが恥に」
       毎日新聞 2014年06月24日
 都議会の一般質問で、塩村文夏(あやか)議員(35)が「結婚しないのか」などのヤジを浴びせられた問題で、塩村都議は24日、東京都内の日本外国特派員協会で講演、他のヤジを飛ばした都議も名乗り出るよう訴えた。講演を聴いた海外特派員に、今回の問題はどう映っているのか?【平野美紀/デジタル報道センター、和田浩幸】

 デンマーク紙「ユランズ・ポステン」のトーマス・ホイ・デイビッドソン記者は「世界で日本は、経済的にも民主主義国家としても、EUや米国に並びトップクラスなのに、日本の女性蔑視はとてもひどい。今回のヤジには本当に驚いた」と話す。

 デンマークをはじめスカンディナビア各国は、男女平等が当たり前。それ故に、デイビッドソン記者は「(軽い気持ちから言ったという)鈴木都議の言葉は許せない」と憤慨する。

 デンマークで同様のヤジを飛ばせば、「議長がすぐ発言者を特定し、名前を明らかにするから、発言者の議員生命は終わるだろう」とデイビッドソン記者は説明。「今回のヤジの内容は問題だが、より大きな問題は、都議会が『他のヤジの主は知らない』と隠していること」と指摘した。

 2020年の東京五輪に関しても「五輪で世界の注目が集まっている中でのヤジ問題は大きな恥だ。日本にとってチャンスが恥に変わった」と見ている。

 また、ハンガリーの雑誌やウェブに記事を書いているフリージャーナリスト、ユハス・アレクサンドラ・サンディーさん(33)は「ハンガリーでは男女平等で、こういう女性蔑視問題はおきない」と話す。ハンガリー向け記事では、事実経過を伝えた上で「日本(の男女平等政策)は少し遅れている」と書いた。

 他のヤジを飛ばした人が名乗り出ないことには「日本人男性は自分たちが女性より強く、自分が一番偉いと思っている人が多い。本当に強いなら、隠れずに名乗り出るべきだと思う。武士の心で『私だった』と手を挙げて」と期待を込めた。

 さらに、塩村文夏議員の外国特派員協会での講演には「発言が弱々しく感じた。せっかくもらった(不平等を是正する)チャンス。もう少し気持ちを強く持って闘ってほしい」とエールを送った。

 また、米国のフリージャーナリスト、久保アンジェラ絵梨香さんは「米国の若者に『日本はこういう国なんだ』と受け止められている」と指摘し、「女性への対応を考え直さないと、日本は悪い国だと勘違いされてしまう」と懸念を示した。

●塩村都議「産めないのか」発言で告訴も 外国特派員協会で108人を前に会見
        産経 2014.6.25 08:17
東京都議会のセクハラやじ問題で、塩村文夏(あやか)都議(35)が24日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。23日に鈴木章浩都議(51)=都議会自民党会派を離脱=が一部のやじを認めたものの、別のやじ発言者は不明のままで、このまま名乗り出ない場合、名誉毀損(きそん)罪などで告訴する考えを示した。(サンケイスポーツ)

 108人の外国メディアが出席した会見。その中で、男性ジャーナリストから名誉毀損罪や侮辱罪での告訴を考えているか問われ、塩村氏は「(発言者は)1人ではなかったので、名乗り出てきてほしい」とした上で「(法的対応を)排除はしない。最終手段と思っている」とし、名乗り出てこない場合には告訴も辞さない考えを示した。

 やじについては「早く結婚しろ」と発言した鈴木氏のほか、「子供を産めないのか」などがあったと指摘されている。

 会見は約1時間に及び、デンマーク紙の記者は「日本でこんなことが起きるなんてびっくりした。50年前の話かと思った」と話した。ドイツのジャーナリストは「ドイツで同じことをやったら議会はストップし、議員は直ちに辞職する」と指摘。やじの波紋は世界に広がっている。

●都議会:ヤジ幕引き 塩村議員「一つの区切り。私は私で」
       毎日新聞 2014年06月25日
 「まだ解決していないが、一つの区切りにはなった。私は私で、今後もできることをやっていきたい」。東京都議会でみんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員(35)が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、都議会は25日、自民党など5会派提出の「信頼回復、再発防止に努める」とする決議案を賛成多数で可決し、閉会した。「早く結婚した方がいい」というヤジを自分だと認めた鈴木章浩(あきひろ)議員(51)=都議会自民党を離脱=以外、他のヤジの発言者は一切特定しない内容。本会議終了後、みんなの党会派の塩村氏は、複雑な心境を吐露した。

 少し前の本会議。「賛成の諸君の起立を求めます」。自民と調整した決議案を採決する時、うつむき加減で立ち上がり、賛成した。

 塩村氏は今も、鈴木氏以外にも「産めないのか」などとヤジを飛ばした議員がいる、と主張している。所属するみんなは、民主と共同で、他のヤジの発言者に名乗り出るよう求める決議案を提出していた。だが同時に、他の発言者を不問とする自民などの決議案にも同調していた。

 都議会として決議した文面は、「一部の議員から人権侵害と言われかねない不規則発言が発せられた」と指摘する。だが、みんな側が当初求めていたような、鈴木氏の議場での謝罪や、議会改革を目指す検討会の設置は盛り込まれなかった。

 2種類の決議案に名を連ねる分かりにくい対応について、みんなの党会派の両角穣(もろずみ・みのる)幹事長は「各会派に(賛成して)乗っていただかないといけないので、『最大公約数』の総論になった」と説明。可決を優先した判断だった、とした。

 否決が確実だったにもかかわらず、民主と共同で「他の不規則発言をした議員も自ら潔く名乗り出ることを求める」との決議案を提出したことについては、「(内容が)レベルの高いものを投げる必要もあった」と述べ、「被害者」が所属する会派としての意地をにじませた。ただ、鈴木氏の謝罪の動議を求めた共産ほどの強い姿勢も示せず、最大会派の「数の論理」に抗しきれなかった印象はぬぐえなかった。【和田浩幸】

●セクハラやじ問題で都議会、信頼回復を決議 別の発言者調査は否決
      産経 2014.6.25 22:17
 東京都議会は第2回定例会最終日の25日、本会議を開き、セクハラとも取れるやじの問題に絡み、自民、公明、民主、結いと維新、みんなの各党が共同提案した「都議会の信頼回復に関する決議」を賛成多数で可決した。みんななどは、鈴木章浩(あきひろ)都議(51)=自民を離脱=以外のやじを発した議員に名乗り出るよう求め、共産は鈴木都議の議員辞職を求める決議案をそれぞれ提出したが、否決された。

 本会議の冒頭、吉野(よしの)利明(としあき)議長(66)=自民=は「再発防止と信頼回復に向け、秩序を守り、品位を重んじた発言や行動に努めるよう、強くお願い申し上げる」と呼びかけた。

 問題となった18日の本会議では、塩村文夏(あやか)都議(35)=みんな=の一般質問中、鈴木都議が「早く結婚した方がいい」というやじを飛ばした。鈴木都議は当初、やじを否定していたが23日になって認め、謝罪した。

 みんな側は「(子供が)産めないのか」といったやじもあったとしているが、可決された決議は鈴木都議以外のやじについて、発言者特定は求めていない。

●ヤジ問題、都議会が再発防止決議 「他の発言者」特定は否決
     日経 2014/6/26 1:43
 東京都議会は25日、本会議を開き、塩村文夏都議(35)=みんなの党=へのヤジ問題を受け、再発防止と信頼回復を目指す決議案を可決した。一方、ヤジの一部を認めた鈴木章浩都議(51)=自民党会派を離脱=の辞職を求める決議案と、ほかのヤジの発言者の特定を求める決議案は否決した。自民党などはこれで幕引きを図るが、一部会派からは徹底した真相解明を求める声が上がる。

 吉野利明議長は「心を痛めた女性におわびする」と謝罪。全都議に向け「今回を教訓に議会運営ルールを順守し、品位を重んじた言動に努めてほしい」と呼びかけた。

 決議されたのは自民、公明、民主、結いと維新、みんなの5会派が共同提出した案で「二度と起こらないよう都議会の信頼回復と再発防止に努める」との内容。鈴木都議が認めた「早く結婚したほうがいい」というヤジ以外にも、「産めないのか」など差別的なヤジがあったという指摘が出ているが、決議は言及しなかった。

 塩村都議は本会議後、記者団に「複雑な気持ちだが、1つの区切りと思う」と話した。共産党の大山とも子幹事長は「これで幕引きにはさせない。ほかにもヤジを言った人はいる。名乗り出るべきだ」と訴えた。

 舛添要一都知事は「(複数のヤジが)あったとすれば責任感をもって対応してほしい。五輪開催都市として都議会と一緒に努力したい」とした。

25日の本会議は午後1時開会予定だったが、共産が鈴木都議に本会議での謝罪を求める動議を出すかどうかなどの調整が難航、開始が約3時間遅れた。動議は認められなかったが、本会議では共産が「動議を認めないのか」などと議長に詰め寄る一幕もあった。」

都議会の信頼回復に関する決議要旨
 一部議員から女性議員に対し、人権侵害と言われかねない不規則発言が発せられ、都民の信頼を損ねた。今回の事態を真摯(しんし)に受け止め、二度とこのようなことが起こらないよう、都議会の信頼回復及び再発防止に努めるべく、決意する。

下記のメールが届きました。自民党は7月下旬には閣議決定をする予定とか。

 柴山です。
 集団的自衛権行使容認の解釈改憲について、公明党の25日の会合では依然と
して異論が相次ぎ、これを受けて自民党は、7月初旬の閣議決定に向け、週明け
の決着を目指すとしていると伝えられました。また、自民党は、与党協議で合意
を得たあと、閣議決定に向けて速やかに自民党の党内手続きを終えるため、集団
的自衛権の行使容認に慎重な党所属議員に対する事前の根回しを始めることで一
致したとのことです。
 自民党の慎重派というと、村上誠一郎議員、野田聖子議員でしょうか。他には??

野田聖子氏ら自民党解釈改憲慎重派の裏に自民リベラル派大物
NEWS ポストセブン 5月28日(水)16時6分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140528-00000015-pseven-soci

 公明党は26、27両日も議論を続ける予定とのことですが、執行部は結論の
引き延ばしは不可能と判断しており、週末の28日には地方組織の幹部らを集め
て意見を聴取した上、説得に全力を挙げる考えとのことで、取りまとめは早くて
30日との記事も。
 自公の幹事長・国対委員長は、憲法解釈変更の閣議決定後、早期に衆参両院の
予算委員会で閉会中審査を開く方針で一致したということで、着々と日程を相談
しているようです。閣議決定後というのもとんでもないですが、そもそも閣議決
定で決めることではありません。
 引き続き、声を届けましょう。

 朝日新聞の社説に、

「かつて占領下の日本で、こんなことがあった。
 朝鮮戦争が始まった1950年、政府は占領軍の強い要請を受け、海上保安庁
による「日本特別掃海隊」をひそかに朝鮮半島沖に派遣した。憲法9条に反する
との声を、吉田茂首相が押し切った。
 ところが一隻の掃海艇が機雷に触れて沈没、隊員1名が亡くなった。「戦後た
だひとりの戦死者」と言われる。」

 とありました。違憲な派兵で犠牲者が出ていたのですね。

 違憲な派兵と言えば、小牧基地からのイラク派兵ですが、小牧市議会は24
日、集団的自衛権の行使容認について国民的議論を求める意見書を全会一致で可
決したと伝えられました。意見書は「集団的自衛権の行使容認は国民生活に影響
を及ぼす重要問題。とくに航空自衛隊小牧基地がある小牧市の影響は大きく、市
民の関心は非常に高い。国は関係者と十分な意見交換を行うとともに、広く国民
の理解を得られるよう更に努力するよう求める」などとしているとのことです。
 また、生駒市議会が24日、「集団的自衛権に関する憲法解釈を変更しないこ
とを求める意見書」案と「特定秘密保護法の廃止を求める意見書」案を賛成多数
で可決したとのことです。

 また、みえ労連が24日、知事や県内全二十九市町長を対象としたアンケート
調査の結果を発表したところ、集団的自衛権行使を容認する憲法解釈の変更に対
する賛成者はゼロで、明確に「反対」としたのは五人、「どちらとも言えない」
は十三人。「その他」を選んだ十人は「国民的議論をしていくことが必要」との
意見を付けたとのこと
6月22日の小雨が降る中、常滑浄化センターにてアジサイ祭りが行われた。浄化センター周辺に咲いている好きなアジサイを切ってもらい、挿し木の仕方を市民の皆様に伝え、5ポットをお土産に持って行ってもらいました。町の緑が増えて素敵な街になるといいですね。
      挿し木

終了後、明るい社会づくり運動の総会が行われ、25年度の反省と26年度の緑を増やし、きれいな街になる活動を話し合いました。
       
その後、元消防署の倉庫で常滑市60周年記念事業未来絵プロジェクトの企画事業に参加。明社のメンバーで、モーターーボートのオブジェと飛行機にタイルを張りました。
      真剣に
      モザイク


小学生が張ったタイルのオブジェなど、とても素敵に出来上がってます。皆さんも一度行ってタイルを張ってはいかがですか。記念になりますよ。
昨日、集団的自衛権行使容認について各派会議(会派の代表が集まる)が行われたが、継続審議という結論が出た。大変残念なことである。

昨日までに「集団的自衛権に関する憲法解釈を変更することに反対する意見書案」と「憲法解釈による集団的自衛権の行使容認について慎重審議を求める意見書案」が出されており、これをまとめ意見書を国に提出するはずだった。

しかしまとまらないということで継続審議となったが、この法案は7月までに自民党と公明党で可決する公算が強い。今出さなければ意味のないこの意見書に対し、これ以上何を審議するのであろうか継続審議とする他の会派の意図がわからない。。

NHKニュースによれば、23日の公明党の外交・安全保障に関する合同調査会は約40人の党所属議員が出席し、慎重な意見も相次いだとのことですが、北側副代表は25日に再び合同調査会を開く予定であり、一定の方向性が出せる
といいと記者団に述べたとのことです。 世論調査の報道では、公明支持層の7割が反対とのことですが、このまま強行するのでしょうか(添付)。
        公明

私の周囲の方たちも、わからないという方を除いてほとんどの人は反対である。世論とは逆行する国の法案に対し今こそ地方議会が声を上げるべきではないだろうか。
東京都議会でのヤジが今問題になっています。あの野次は若い女性にとって耐えがたい言葉でありました。私も議員になって何回も本会議や協議会でもヤジを飛ばされ、目頭が熱くなることがありました。特に女性へのヤジはどこの議会でもあるようです。

同じ会派の人にはヤジは飛ばしませんし、質問をしない人に限って人を威圧するためにヤジを飛ばすことが多く、政策的な議論で戦うのでしたらいいですが、ただの中傷だからたちが悪いのです。

最近、地位の高い議員から呼び出され、あなたは協議会で発言が多すぎます、皆さんに平等に発言してもらわなくてはいけないので、少し控えてほしいと言われました。小学校の生徒会でもないですし、協議会に質問しない議員の方が多いわけですので彼の言う平等が理解できませんでした。時代が遡っているような気がしましたし、無駄な時間を使う彼に対し憐みさえ感じました。

議員は市民のために行政をチェックする義務を持っています。時間制限があるわけではないのでもっと活発に議員間討論ができる議会になることを目指したいと思います。



いよいよ来年には新常滑市民病院が開院する。公共交通の在り方を考える会が発足し、第3回目が6月21日に開催された。市民、職員約26人が参加し、ワークショップを行い、北部バスのあり方の提案をした。
         交通問題

6回行う予定で、次回は7月26日(土)午前10時~ 傍聴ができますので、興味のある方は市役所にお尋ねください。
西日本新聞より
集団的自衛権の行使を可能とする憲法解釈変更の閣議決定は、19日に行われた安倍晋三首相と公明党の山口那津男代表の党首会談で最終局面に入った。
 解釈改憲の核心は、自民党の高村正彦副総裁が提案した自衛権行使の「新3要件案」だ。特に「他国に対する武力攻撃が発生し、これにより国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆される恐れがある」という集団的自衛権行使に絡む文言をめぐり、自公間で調整が続く。
 だが、実はその原案は、公明党の北側一雄副代表が内閣法制局に作らせ、高村氏に渡したものだった。解釈改憲に反対する公明党が、事実上、新3要件案の「下書き」を用意したのだ。
 「私が考える新3要件というものの、たたき台を作ってみました」
 13日の安全保障法制整備に関する第6回与党協議会で高村氏が突如A4サイズの紙を配った。「集団的自衛権の行使はできない」と結論付けた1972年の政府見解の一部を引用し、行使を認める逆の結論を導き出す私案だった。「この紙を見たのは初めてだ」。協議会後に北側氏は明言した。だが、事実は違う。
 政府関係者によると、その数日前に公明党執行部がひそかに集合。解釈改憲で対立する首相と山口氏の「落としどころ」を探るためだった。連立維持を優先させ、解釈改憲を受け入れる政治決断の場でもあった。

 山口氏が「憲法解釈の一番のベースになっている」と尊重してきた72年見解を援用する形で、限定容認と読み取れる原案を内閣法制局に作成させる。北側氏がそれを指示していた。
 原案に自公協議の焦点となる「恐れ」があったかどうかは分からない。しかし、自民党関係者は言い切る。
 「新3要件は自公の『合作』だ」
昨日朝6時から、常滑中学校の東にある中央農場にて、サツマイモの苗3000株を植えました。これは明るい社会づくり運動の一環で、植樹をして公園づくりをしたり、花壇づくり、ジャガイモを被災地に送ったりなど、社会を少しでも明るくしていこうとする運動のひとうです。
        さつま芋苗植え

多くのボランティアが集まり、3000株の苗は1時間ほどで植わりました。その後皆さんでストレッチをし、朝食を食べながら労をねぎらいました。
         ストレッチ

22日は常滑市浄化センターで午前7時から草刈り、8時~11時にアジサイ祭りをします。アジサイの苗を5本差し上げます。皆さんのお越しをお待ちしています。
昨日、朝6時から明るい社会づくり運動のメンバーが浄化センター周辺の草刈り。ここには約3000本のアジサイが植樹され、毎年6月にアジサイ祭りが開催されます。この会に入ると朝早起きになれますし、健康も維持できます。皆さんどうぞ参加してください。
         ピンク

アジサイ祭り
6月22日(日)  午前8時~11時

社会福祉会館南の浄化センターにて
どなたでも参加できますのでお越しください。
常滑市議会も集団的自衛権について意見書が出され、6月議会に採決があります。

このように大切なことを自民党と公明党だけで決めることは憲法96条に反します。集団的自衛権行使容認してアメリカが助けに来ると思いますか?中国は威圧していますが、戦争を日本とするつもりは無いようだとも聞きます。一つ許せば、なし崩しに戦争に突入します。皆さん、この問題は真剣に考えてください。下記は知人からのメールです。

みなさま

 柴山です。

 今朝の中日新聞が一面トップで、集団的自衛権行使容認の問題について、自民
党岐阜県連が今月、県内の42市町村議会すべての議長あてに政府に慎重な議
論を求める意見書の可決を要請していたと伝えました(添付)。
 「全国で公聴会を開催するなどの方法で、最終的には国民の理解が得られる形
で結論を出すべきだ」・・・本来であれば、憲法改正の手続を踏むべきですが、
少なくともこのくらいのことはやったという形をとるべきという声が出るのは当
然で、公明党からこういった声が聞こえてこないのが異様です。
 
 与党協議や閣議決定で解釈改憲すること自体が問題ですし、議論の中身もめ
ちゃくちゃで、「限定」などと言いながら、石油のためなら全面戦争止むなしと
発展してしまう想定のもの。
 このような議論のレベルで、公明党は自ら憲法9条を葬るというのでしょうか。
 自民の地方組織でさえも慎重なのに、公明党が先に集団的自衛権行使を認めて
しまうの?と引き続き、声を届けましょう。国会議員の地方事務所にもぜひ。
 

公明党代表 山口那津男
Fax:03-6551-0806
意見フォーム
https://www.n-yamaguchi.gr.jp/contact/

公明党意見フォーム
https://www.komei.or.jp/contact/

2014年06月12日
【風雲急!】「閣議決定させるな」公明党にFAXを!& 行動に参加を!(法制局
にも)
http://datsugenpatsu.sblo.jp/article/99601641.html


*東海地方の公明党国会議員

参議院議員
荒木清寛 http://www.k-araki.net/
国会事務所
〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院議員会館 1115号室
TEL:03(6550)1115 FAX:03(6551)1115
愛知県事務所
〒451-0031 名古屋市西区城西1-9-5寺島ビル1F
TEL:052(522)1666 FAX:052(522)1665


衆議院議員
伊藤 渉 http://www.ito-wataru.com/index.php
国会事務所
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1 衆議院第一議員会館921
TEL:03-3581-5111 FAX:03-3508-3617
愛知(名古屋)事務所
〒457-0053 愛知県名古屋市南区本城町3-5-1 プラザ本城1-D
TEL:052-823-9105 FAX:052-823-9107


参議院議員
魚住 裕一郎 http://www.uozumi.gr.jp/
国会事務所
住 所 〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1参議院会館326号室
電 話 03-3581-3111(内線50326) FAX 03-6551-0326
名古屋事務所
〒460-0002 名古屋市中区丸の内1-5-21玉泉ビル2F


参議院議員
新妻ひでき https://www.niizuma-hideki.jp/
【国会事務所】〒100-8962 東京都千代田区永田町2-1-1 参議院議員会館1112号
室 TEL: 03-6550-1112 FAX: 03‐6551‐1112
【名古屋事務所】〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄1-14-15 RSビル 2階203号室
 TEL: 052-218-6638 FAX: 052-223-8338

大学生が夏休み中、政治の勉強のためのインターンシップ制度があります。本日、中村区役所で議員と学生のマッチング交流会がありました。自己紹介から始まり、各々の学生が話を聞きたい議員のところに座るという交流会。何人かの学生と話をすることができました。誰が来るか楽しみです。
        インターンシップ
        区役所
朝7時から中央農場でジャガイモ堀。約30人の明るい社会づくり運動のメンバーが丹精込めたジャガイモを石巻へ送りました。多くの石巻の子どもたちは、私たちが作ったジャガイモを待っててくれます。大急ぎで箱詰めし、本日午後には送りました。
60箱
        
まごころ (2)



今回で3回目となるこのジャガイモの送付。私たちがジャガイモを作ることができる年まではずっと続けたいと思います。明日は競艇場南の浄化センターの草刈り。アジサイが3000本植わってます。このようなボランティアに参加したい方はぜひお越しください。
定例会会期日程
日   程      6月11日(水)~24日(火)

本会議          11日(水)
一般質問         12日(木)・13日(金)
議案質疑・付託     17日(火)
予算委員会         〃
経済建設委員会     18日(水)
文教厚生委員会     19日(木)
総務委員会        20日(金)
本会議           24日(火) 
私の一般質問は今回7番目ですので、13日(金)10時以後になると思います。 
どれも傍聴できますので、ぜひお越しください。  
  
本日10時ころからちよがおかの子どもたちがじゃがいも堀を行いました。
明るい社会づくり運動の皆さんが丹精込めて作ったジャガイモです。
みんな楽しんでくれたでしょうか。
   芋掘り
14日(土)午前7時から、この中央農場でジャガイモ堀を行います。収穫したジャガイモは東日本で被害のあった石巻に送ります。お時間のある方はぜひお越しください。ジャガイモのお土産が付きますよ。  
   ジャガイモ
今日も一日充実した日が送れました。感謝です。
朝6時から「明るい社会づくり運動」で南陵緑地公園の草刈り、背の高くなった雑草の草刈りは骨がおれます。
         草刈

午前8時から常滑市の消防団消防操法大会。優勝は常滑2班でした。本当にご苦労様でした。
        操法大会

午後2時から「バー&ビストロ共栄窯」の内覧会。ギャラリー共栄窯がバーに衣替え。私はギャラリーであった時代に10年間ここに勤務していた。蔵真の2号店になったことに因縁を感じる。ゆったりとし、とても落ち着ける空間になりました。明日から1週間ほどプレオープン。ぜひ皆さん行ってみてください。
       バー
       窯
昨日、6月議会のための運営委員会が行われ、その中、とてもうれしいことが2つあった。運営委員会が始まっててすぐ、本日必要な資料を控室に忘れたことに気が付きそわそわしていると、議会事務局員がそれを察知し、すぐ取ってきてくれた。瞬時の彼の行動にとても感銘を受けた。本当にありがとうございました。

もう一つは、国に提出する集団的自衛権行使についての意見書が他に2件提出されたことだ。翔の会と創造未来である。安倍首相が何度も修正案を出し、公明党の理解を得ようとしている集団的自衛権行使である。常滑市の議会おいては意見書が通らないと思い反対ではなく、慎重審議をするようにという意見書を提出したが、反対の意見書が出てほっとしている。

集団的自衛権行使については、新聞記事を毎日切り抜き、読めば読むほどなぜこんなにも進めなければならないのかとても疑問である。アメリカのため?

こんなことを考えながら、6月議会の一般質問の質問を作っているが、なかなか良い組み立てができない。すでに1週間以上考えているのに。今日も一日パソコンに向かい思案中。皆さんも一緒に考えてもらえませんか。

テーマはすでに1か月前に考えて議会事務局に通告書を提出したが、よくよく3つの質問を見るとすべて「市民」が入っていた。全然気が付きませんでした。地方自治と言って、自ら治めるのが政治です。皆さんよろしくお願いします。

1、公共施設老朽化問題に、市民を巻き込んだ計画を
2、2市3町で建設する広域ごみ焼却場関連情報を市民に
3、ごみ減量啓発活動をより広げるためにも市民活動で


昨日ある方からこのブログには、誤字が多いとお叱りを受けた。皆様がこのブログを気にかけていただいたことに感謝しております。今後は誤字を気をつけていきたいと思っております。

「今後これらの間違いが続けば考えさせてもらう」とも言われた。しかしこれは個人のブログであり、誤字脱字くらいでこれを止める権利は誰にもないはず。少々間違があってもこのブログを書き、皆様に情報を伝えることが大切だと思います。今後間違いを見つけたらコメントをよろしくお願いします。

常滑市の困窮した財政問題、2市3町で建設される広域ごみ焼却場問題、公共施設の老朽化問題、今後の医療費問題、貧困問題、教育問題まだまだ問題は山済みである。これらの問題を議会でじっくり話し合い、子どもたちに今よりいい常滑を残していきたいと願ってやまない今日この頃である。
下記の記事が転送されました。どうか署名をお願いします。

締切6/5朝 【原子力規制委人事にノー緊急署名】
原子力村の、原子力村による、原子力村のための人事は、もうたくさん>

>↓河野太郎議員のブログちょっと待った、その人事
http://www.taro.org/2014/05/post-1482.php

超党派議連、原子力規制委人事の撤回要求
2014年5月31日03時53分 朝日新聞
http://www.asahi.com/articles/ASG5Z5JXMG5ZUTFK00S.html

>みなさま(重複失礼、拡散歓迎)
>FoE Japanの満田です。夜分に失礼します。
>
>原子力規制委の人事案が政府から示され、国会で審議されようとしています。
>なかでも問題なのは、田中知氏の人事案。
>これを就任を認めてしまえば、原子力推進派はやりたい放題。
>
>今だって問題だらけの形だけ審査をやっている原子力規制委員会ですが、「原子
>力村の、原子力村による、原子力村のための」原子力規制と化してしまいます。
>
>何よりも、政府は自らがつくった規制委の人事のルール(原子力事業者/関連団
>体出身ではないこと、原子力事業者等からお金をもらっていないこと)を守るべ
>きではないでしょうか?
>
>ということで、以下のような緊急署名を始めました。
>「こんな人事案は認められない!」「3・11を忘れるな!」という声を国会に届け
ましょう!拡散お願いします。
>--------------------------------------------------------
>【緊急署名】 原子力規制委 原子力ムラ人事案にノー!
>国会議員のみなさま
>原子力規制委員会の人事案に反対をしてください!
>署名フォーム1(PCのみ):>http://goo.gl/KvgRwo
>署名フォーム2(携帯&PC)>https://pro.form-mailer.jp/fms/0f88850f59845
--------------------------------------------------------
>締切:6月5日(木)朝9時 
>★この署名は、6月5日(木)午後に、主要な国会議員の事務所に提出予定です。
>ぜひ、提出行動にもご参加ください。
>提出行動集合 14:30に、参議院議員会館ロビー
>★提出行動のあと、15:30から衆議院第二議員会館前で抗議行動を行います。こ
>ちらもぜひ!
>--------------------------------------------------------
>
> 政府が国会に提示した原子力規制委員会の人事案に反対してください。
> とりわけ、田中知氏は「原子力ムラ」の中心人物であるばかりか二重の意味で、原
子力規制委員会の委員として欠格です。
>
>1.2011年から2012年にかけて、「原子力産業協会」の役員を務めていた。
>2.日立GEニュークリア・エナジーや東京電力の関連団体から献金や報酬を受けて
いた。
>
>2012年7月3日に内閣官房原子力安全規制組織等改革準備室が出した文書の「欠格要件
」に関する記載には、「就任前直近3年間に、原子力事業者及びその団体の役
員、従業
者等であった者」とあり、政府の関連文書に列記された団体には「原子力産業協
会」が
明記されています。
>
>また、同文章には、「就任前直近3年間に、同一の原子力事業者等から、個人として、
一定額以上の報酬等を受領していた者」としています。
>
>今回の人事が強行されれば、「原子力ムラ」の公然たる復活であり、福島原発事故が
なかったかのような暴挙にほかなりません。
>政府は自らが定めたルールを守るべきです。
>国会議員には、一人ひとりの良識を発揮して、このとんでもない人事案に対して反対
することを求めます。
>
>呼びかけ団体:
>原子力規制を監視する市民の会
>脱原発福島ネットワーク
>原発いらない福島の女たち
>ハイロアクション福島
>福島原発30キロ圏ひとの会
>反原発・かごしまネット
>FoE Japan
>福島老朽原発を考える会
>核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団
>核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会
>グリーン・アクション
>美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会
>玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
>柏崎刈羽原発反対地元三団体
>原発からいのちとふるさとを守る県民の会
>
>※問い合わせ先
>原子力規制を監視する市民の会
>TEL/03-5225-7213 FAX/03-5225-7214
>〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302号
上記の見出しは今日の日経新聞の1面の「革新力」の記事である。米最大の上場を計画する中国の電子商取引最大手アリババ集団。「金融業には攪乱者が必要だ」創業者である会長の馬雲氏が言った言葉である。中国の銀行界から彼に対し規制をかけるべきだと批判もある。
          異端者

自動車生産のヘンリー・フォード、格安販売のサム・ウオールトン、モバイル革命スティーブ・ジョブズ。新市場を切り開いてきたのは常に異端者たちだ。権力は既得権のガードが固い領域ほど革新の衝撃は大きい。

この記事は特別な例題かもしれない。しかし、この手法は政治の世界でも必要になってくるのではと思う。政治の世界では今まで潤沢な財源があり、行政と真剣に向き合う必要がなかった世界であった。

地方分権と言い、地方のことは地方に任せるということで、2007年地方分権改革推進法が施行されたが、地方は未だに国からの
施策で動いている。(もちろんお金もおりてくる)なかなか改革が進んでいないのが現状である。

その中、地方により事情が違うにもかかわらず、一律国から条例改正、事業の押しつけがくる。その中、自分の地域で議論を重ね地域にあった方法を選ぶべきである。それには国と対決する場合もある。これを国は攪乱者と呼ぶかもしれない。

原発しかりで、国がすべて正しいわけではない。その地方の事情に合わなければ既得権の攪乱あり、異端者になることも必要ではないだろうか。私は市民のためにこんな異端者でいきたい。
4~5日前、ラジオ体操に行くため海岸に出ると、大群の船がアサリ獲りをしていた。恥ずかしながら、実は海のそばに住んでにいてもこの光景を見たのは初めてである。40艘くらいいたでしょうか、海岸ならではの光景である。漁師さんご苦労様です。
         船
西之口の神明社に行く途中、何件も空き家らしき家がある。その中で隣の家に瓦が落ちないようネッとを貼り、そのネットを鉄柱で支えているほとんど屋根が崩壊している家がある。今の法律では更地にすれば税金が高くなるため、家を壊さないのである。国でも最近この問題の検討に入った。しかし今地震が来たらどれだけ被害が拡大するか。早急なる改正を要望したい。

その他犬の散歩をする人、ランニングする人、健康のために散歩する人など、様々な朝を迎えている。しかし最近途上国が日本と同じ生活水準となり、このままでいけば、あと10年もすれば電気が足りなくなってくる。開発のために海底を堀るなど地球を痛めつけているのではないか。

この海が、地球がいつまでも綺麗なままでいるよう、今を生きるこの世代が努力しなくてはならないのではないか。ラジオ体操の道すがら、いろいろ考える今日この頃である。
6月7日の「朝日のあたる家」上映会のお知らせです。
 また、ツイッターやフェイスブックをご利用の方はぜひ広めてください。
 浜岡原発で事故が起こった場合、風向きによっては映画の舞台である湖西、そ
して愛知県もたいへんな惨事となる恐れがあります。

 自民党の静岡県議の天野一さんは、福島第一原発から300km以上離れた静岡で
もお茶に被害が出たのだから、浜岡原発で事故が起これば名古屋にも影響がある
と実感を込めておっしゃっていました。

映画上映会
   『朝日のあたる家』 太田隆文監督 作品

日時:6月7日(土)  4回上映 上映時間2時間
     1回目 10:30~12:30
    2回目  13:00~15:00
    3回目  15:30~17:30
    4回目  18:00~20:00
場所:本山生協会館 4階ホール
    (東山線。名城線 本山駅下車 4番出口すぐ)
内容:自然に囲まれた美しい町。その町に住む平凡な4人家族。そのときに起こった大きな地震。原子力発電所が爆発。避難勧告・・・・・。平凡な日常が崩壊していく。もう他人ごとではない。家族たちも、大きな悲しみの渦の中に巻きこまれて行く。
主催:『朝日のあたる家』上映実行委員会
参加費:1000円(中高生500円 小学生以下無料)
連絡先:西英子 052-808-3241

(備考)
〇放射能にふるさとを追われた福島の苦しみは、あと何十年もつづくというのに、すでに終わったと思っている日本人も多い。原発の再稼働を容認する人々もいます。
太田監督は映画を通して、原発事故とはどれほど残酷なものなのか、「第2の福島」が起これば、日本列島は滅亡するのではないかということを、なんとしてもみなさんに伝えたいと、制作された映画です。

〇浜岡原発から60キロ圏の湖西市の三上市長の提案。「市民からの寄付で作れるのではないか」を受け、それに賛同した市民の応援で映画は完成しました。地元の市民もたくさん出演しました。

〇俳優の並樹史朗、斉藤とも子らと共に、山本太郎、いしだ壱成、藤波心など反原発を公言する俳優も賛同し出演しています。

〇昨年の夏に完成、ロサンゼルス映画祭で上映後、全国の映画祭で上映。ドイツなど海外でも上映予定
灼熱の太陽が降り注ぐとても暑い日になった。トライアスロン走者は、その暑さにもめげずスイム、バイク、ランと走りぬいた。応援しているだけでも汗がにじみ出てくる暑さであった。
        トライアスロン走者

来年はこのトライアスロンをまちづくりに活かし、経済効果が上がるイベントなどできないか、投げかけてみたいと思います。
本日8時30分から新舞子マリーパークをスタートし、スイム、バイク、ランと過酷なトライアスロンが始まりました。
昨日、名古屋に住む知人がトライアスロンの受け付けに来る途中で、大野町きょう屋に訪れてくれました。
         トライアスロン

東京から参加したという2名の友人と一緒で、彼らたちいわく、海外からの参加者も多く素晴らしい大会なのに、なぜそれをまちづくりに利用しないのかと。常滑のお土産も買って帰りたいが売っていない。もっと町をPRすべきだともいう。来年のトライアスロンにはぜひこの案を参考にまちづくりに活かしたいと思う。

これから参加者が走る大野海岸で私は応援したいと思う。
         miti.jpg


  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。