愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務委員会から1月28日(火)から30日(金)まで下記の内容で視察に行きました。

視察先及び調査項目
(1) 岩手県 釜石市  災害時の議会対応について
(2) 宮城県 七ケ浜町 表敬訪問
(3) 宮城県 塩竈市  被災状況及びその後の復興計画 
(4) 宮城県 名取市  災害時の議会対応について

    釜石市役所より
高台にある市役所の階段まで津波ががれきを運んできた。地震発生後30分後に来ている。
     七ケ浜浸水
七ケ浜町は津波浸水高12,1mであり、建物被害は町の6割にあたる3,923世帯に及んだ。常滑市の職員が派遣され、港湾などの復旧のお手伝いをしている。
    小中学校
写真の左側には海がある場所に小中学校があった。小学生は3回避難場所を変え全ての児童が助かった。塩竈市は島が4つあるためそれが防潮堤の役割をしたこと、また住民の意識の高さも被害の縮小につながった。小中学校跡地はグランドになる予定。
    盛り土
名取市の死者は行方不明者合わせて1、875人。建物被害は16,796棟と、海岸に面したところは津波にすべて流されてしまった地域である。今後その地域はかさ上げされて、被災者の人たちが戻れるようにするという計画。しかし、まだまだ進んでいない状態であった。この日は中学校の卒業式で、参列していた議員の2人は被災者救援をしている途中で亡くなっている。

宮城県は30年間の間に98%の確率で震災と津波が来ることが予測されていた。そのために毎年訓練が行われ、万全を期していたところも多かった。しかし、1年前に地震が来た時の津波の高さがさほどでもなく、すっかりオオカミ少年状態になって、逃げなかったり、途中で家に帰って戻らぬ人となった。

これらを教訓にしたとき、公助ではなく、自助、いわゆる自分の命は自分で守るしかないことを、どの市町村の方からも言われた。今回地震で亡くなったのではなく、ほとんどが津波による死亡であった。危機感を感じて高台に逃げることを一番にした人が助かっている。

議員として、これらのことを多くの皆さんに今後広めていかなくてはと思った。
                      

スポンサーサイト
先日の朝、倫理法人会の新年会の欠席連絡を友人に頼んだが、連絡ミスで伝わっておらず、急いで新年会会場に行った。私は彼を少々攻めたが、結局は私が自分で担当者に電話しなったことを反省。

実は「きょう子通信」の原稿の中の見出しの一字が間違っているのに気づき、次の日までに修正をかけなくてはならず「まるは食堂」へ新聞1500枚持参し宴会場で肝心の彼と修正作業をしゃべりながらしていると、東海市の倫理法人会会長が皆でやろうではないかという一言で、宴会会場にいた15人ほどのメンバーが修正してくれて30分ほどで完了。
         倫理
この倫理法人会は毎週木曜日朝6時モーニングセミナーと言って、朝礼で朝の挨拶をしっかり訓練したり、「万人幸福のしおり」を輪読し倫理を学んだり、講師の話を聞き気づきをもらう。

私はこの会に入る前は、自分のことはわかっていると思い込んでいたが、この会に入り自分が思い上がっていることに気付かされた。倫理を勉強している彼らたちは日々倫理を習得し会社の経営に役立てている。素晴らしい皆さんの助けに感謝している。

日曜日は「きょう子通信」の封筒入れであったが、私の字の間違いで皆さんに8000枚の新聞に修正をしていただいた。後援会の皆様に感謝であります。

何でも人のせいにしない、人を変えたければ自分が変わる、信ずれば成り、憂えれば崩れる、本を忘れず、末を乱さず、物はこれを生かす人に集まる、働きは最上の喜び、運命は自ら招き、境遇は自ら造るなど倫理の教えは、人間にとってとても必要だと感じた出来事であった。




昨日は久々に朝5時に起きて倫理法人会のモーニングセミナーに。田中ふみえさんに神々のお話。終わった7時ころに素晴らしい朝日を見ることができました。

その足で市役所に行き、「議会のあり方委員会」に参加。すでに10回も行われ、本日はまとめに入った。内容は下記の3項目である。

1、議員の不正を裁く常滑市議会議員政治倫理条例作成中
  過去に議員の不正があっても、この条例がなかったためにうやむやになってしまったことが     あり、今回この条例を制定することにした。

2、議長選挙における立候補と所信表明演説会は実現せず
  議長選挙になると、会派がにわかにめまぐるしく動き、水面下で議長が選ばれ、選挙時にはすでに議長は決定されて選挙は名ばかりである。また一人会派はその動きには蚊帳の外であり、議員に成り立てのときは誰に入れるかもわからない状況であった。そこで、議長選挙時になりたいと思う議員は立候補し、所信表明をすべきと訴えてきた。しかし大半の議員は、時期相承だとか、必要ないだとかの理由で議長選での演説は成立しなかった。どんな議長を目指したいか、どんな常滑市にしていきたいなどの想いを語ることは、議長を目指そうとするならば当然であり難しいことではない。議員の多くは何を恐れているのであろうか疑問を感じる。

3、情報通信機器の持ち込みはようやく実現に向け邁進
  パソコンなどの通信機器は今まで議会には持ち込みが禁止であったため、今回常任委員会、市議会協議会において使用できる申し合わせ事項をとりまとめた。

今後これらを3月議会までに取りまとめ、実施していく予定である。
  
中国の名古屋総領事の葛さん。中国から4日前にきたところ。本日は華僑のかたの忘年会みたいなパーティで日本と中国との交流をしてます。国家間も上手くいってほしいものです。
       中国
昨年、中国の今後の観光のために、常滑の競艇場視察を企画した方にお会いした。常滑市は少々消極的だということ言われていました。それは常滑市は国際交流に関して民間レベルではされているが、市としての姉妹提携をしたこともなく、国際交流に関して慣れていないということがあります。

折角空港がある街ですので、是非国際交流ができる機関を設け、国際間の交流を盛んにしたいものである。
自治ネットメンバーの勉強会。南山大学の豊島明子先生より地方自治の基礎を学ぶ。憲法、法律、条例、規則、要項の 使い分けがあり、どの部分でどれを使うか、判例を聞きながらの講座。まだまだ知らないことの連続です。
豊島

今回のテーマは要綱行政の問題点と、行政手続条例・情報公開条例についてでした。大阪市のホームヘルパー派遣訴訟の判例では、権利としてサービスを受けることを保証しようとするならば、できる限り、要綱の型式は避けるべきであるなど、住民の権利を守るのが法であり我々議員には必要不可欠である。もっと勉強したいと思います。
1月20日に厚労省で子宮頸がんワクチンの勧奨接種を再開するか否かの会議が行われた。それについてのメールが送られてきたのでお読みください。

緊急声明

平成26年1月20日開催の予防接種・ワクチン副反応検討部会において検討され、その後厚労省記者会見にて話された内容は、詳細な原因調査や痛み以外の症状を見ることもなく、早急に勧奨接種再開の舵取りをするような会見としての印象を被害者をはじめとする関係者に与えるものであった。

・接種一ヶ月以内でなければ副反応とは認めず、3ヶ月以上続く症状に関しては、ワクチンの影響ではないなどと、一方的に決めつけ、指定病院を受診した68%が改善というが改善の程度がどのくらいなものなのかも提示されず、ましてや完治できたという言葉は一切出てこない。

改善の方法を見いだせず、機序が明らかにならないまま、かかる症状は自分のせいだとされる結論を受ける子どもたちをはじめとする被害者のストレスは甚大である。

「子宮頸がんにかからない」という誇大宣伝が氾濫する中、任意接種にも関わらず国や自治体から強い勧奨が有り高接種率となったHPVワクチン(子宮頸がんワクチン)は、導入当初よりファクトシートを見ると費用対効果もなく、利益相反が色濃く疑われるものである。

HPVワクチンサーバリックスを販売するグラクソ・スミスクラインのホームページによると、*http://cervarix.jp/products_info/result03.php
*

「臨床的に重要な症状の発現率は、サーバリックス群で40.0%(221/553例)、4価HPVワクチン群で34.7%(192/553例)であった。新たな慢性疾患および新たな自己免疫疾患の発症率は、サーバリックス群で3.6%および1.1%、4価HPVワクチン群で3.8%および1.8%であった。重篤な有害事象発現率は、サーバリックス群で4.2%、4価HPVワクチン群で4.0%であった」という記述があるにもかかわらず、この重要な情報に関して一切検討に際して触れられておらず、不自然である。

特にサーバリックスは世界初の遺伝子組み換えワクチンでもあり、人体に与える影響を軽視してはならず、今後起こりうる副反応に関する危機管理は科学的にも追跡する必要がある。前例主義に陥ることがあってはならない。

よって、HPVワクチン(子宮頸がんワクチン)副作用を心因性原因とすることに断固抗議し、速やかに国を挙げて全接種者の追跡調査を実施し、その結果を踏まえて被害状況の把握と原因究明を早急に行なうよう強く求める。

以上
中川市長の講演は終始爆笑の渦で行われるほど楽しいお話であった。衆議院議員を経て宝塚市初の女性市長になり2期目である。学校給食の民間委託に反対したのがきっかけで行政にかかわるようになった。

阪神淡路大震災のとき、命を守るということでは男性との違いを感じ、女性の視点を防災など、政治には必要であると思ったそうだ。

今までやってきたことは病院の充実、学校図書館全てに司書を置いたこと、市長への手紙は全て読み、現場に必ず行き、自分で返事を書いた。教育委員会は一人は公募、弁護士、新聞社など専門知識のある人を入れた。

審議会に女性を40%とし、農業委員会などもバランスを考えた男女比にした。震災の時の復興住宅は住み続けることができるようにした。町を明るく、機能的にするためにベンチを寄付してもらったり、市民の力で花壇を増やしていった。被災地支援、新エネルギー問題も手掛けた。


中川市長は命を大切にするということで、市民の発想をそのまま政策に取り入れていることが女性の視点であり、こんな市長だったら町は本当に明るくなると感じた。素晴らしい講演を聞くことができ感謝の一日でした。
私もパネリストとして関わらせてもらいました。
      首長

昨晩下記のテレビ番組を見てとても考えさせられた。下北半島では核に対して漁民たちが海を守る、生命を守るために死ぬ思いでデモを続けてきた。しかし国家権力には抵抗もままならず核を受け入れてしまった。人間関係がずたずたになったり、その後もお金を得た住民も崩壊の一途たどっていくという。

このような報道はほとんど国民には知らされていない。今でさえ都合のいいことだけを流すメディア、国家権力に従うメディアなど、メディアの在り方が問われている。しかし、この番組は真実を見せてくれます。1月25日に再放送があります。ぜひ皆さん見てください。

NHK教育 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか
第7回「下北半島 浜は核燃に揺れた」
2014年1月18日(土)午後11時~翌0時30分
【再放送】2014年1月25日(土)午前0時45分~午前2時15分(金曜深夜)

http://www.nhk.or.jp/postwar/program/schedule/

かつて青森県下北半島は貧困のどん底に喘いでいた。辛酸を嘗めた戦後開拓。冷
害。希望を託したビート栽培も自由化で頓挫した。沿岸漁業も規模が零細で、中
学生が夜はイカ漁に出るしかない状態だった。60年代の「むつ製鉄」、70年代の
「むつ小川原開発」と工場誘致も相次いで失敗。1960年代半ばの高校進学率は
20%で、若者たちの多くは集団就職で村を離れていった。
そうした暮らしが変わり始めたのは、1980年代の核燃料サイクル基地の六ヶ所村
への誘致だった。村を二分した激しい対立が繰り返されたが、結果として、原子
力マネーは村を変えた。
いま六ヶ所村は全国でも数少ない地方交付税の未交付団体。若者たちは、希望す
れば地元で働くことができるようになった。後に続けと、東通村は原発、むつ市
は使用済み核燃料の中間貯蔵施設、大間町はフルMOX原発建設へと舵をとった。
下北半島はいまや有数の原子力産業集積地になったのである。
全国でも類を見ないほどの大きな変貌を遂げた下北半島、その戦後史を関係者の
証言から綴る。
本日飛鳥台の新しい団地に風の丘子ども園ができました。落成式に参列し、園内を見学しました。0歳時からの乳児室もあり、園庭にはビオトープ、園内の大型遊具はカラフルなもので、だんだん楽しい施設になっているようです。この飛香台は将来的には5000人の人口になるそうで、子供もかなり増えるという予想である。
こども園

午後から地方自治の基本 ~公の施設~
基礎から学ぶ地方自治法講座の第3回目。講師は南山大学教授の豊島明子さん。本日の講座は公の施設とは何か、利用権についてなど。また、指定管理者制度はすでに10年経過しているが、これもいろいろな問題が出てきていることなど 学びました。

夜は大野町のパトロール。夜7時30分から町代副町代の方たちと青色蛍光灯を持って夜回りしました。
今後の市町村での仕事は、建設ラッシュの土木中心ではなく、教育や福祉、環境など、女性の適した分野が優先される時代になってきました。しかし愛知県には女性首長(市長、町長、村長)はまだ誕生していません。

そこで女性の得意分野を発揮すべく、女性を首長にということで、2013年1月19日「女性首長を実現する会 あいち」が発足しました。しかし残念ながら昨年、女性首長は誕生しませんでした。

日本は国際的に知られる「男女平等度の低さ」は世界136か国中105位であります。このまま何もしないでおけばこの数値は390年後しか変わらないというデーターも出ています。 それは日本の衰退にもつながります。

そこで今回下記の日程で1周年記念をフォーラムを開催します。素晴らしい講演やゲストもお呼びしていますのでぜひお越しください。

と き  1月19日(日)
      13:30~16:45
ところ  つながれっとNAGOYA セミナールーム1

       (地下鉄・JR 鶴舞下車)

基調講演 中川 智子 兵庫県宝塚市長
テーマ  「女性首長になって~やりたかったこと、できたこと~」


パネルディスカッション
  かしわぐま光代愛知県会議員、井上恭子常滑市会議員、
白井えり子日進市会議員、山盛さちえ豊明市会議員

  テーマ「女性首長を実現するには」 

ゲストに、石田芳弘さん(元衆議院議員・犬山市長)谷岡郁子さん(元参議院議員)
    
最近携帯を変えたら写真がうまく貼り付けられなく、このブログもご無沙汰してます。
1月 1日   元旦祭
   7日   地鎮祭
   8日   商工会議所賀詞交歓会、 ごみ減量市民大会実行委員会
   9日   議会改革委員会
  10日   530とこなめ定例会
  11日   大野町町代会
  12日   成人式  息子の結婚式
  13日   国際交流はなのき会東北地震支援コンサート

これ以外には、きょう子通信の校正、ごみ減量市民大会のチラシ、ポスター作成、そのための協力団体集め、2市3町の大型ごみ焼却場施設の公開質問状づくりなどなど、相変わらずバタバタしております。

議員2期目も残すところ残り1年になってしまいました。一般質問で何とか政策的な修正は行政に物申してきたつもりではありますが、本当にこれでいいのかと思う今日この頃であります。

国においては数の力でどんどん法が改正されたりしています。特に原発問題は国民全体の問題にもかかわらず、大多数の政党主導で決まっていきます。憲法改正も慎重に考えなくてはならない事例であります。

地方においても、行政も議会も市民側に立った考えとは程遠いような気がします。行政は国や県の動向を見て予算編成をし、プログラムをつくっていく。市民目線はどこへやら、どこか違うのではないかと思います。

地方自治とは、自らが治めるということですので、無駄な税金を使われないよう行政の監視役を務め、皆様と一緒により良い常滑にしていきたいと思っています。 、

いつもならばきょうこ通信の原稿は議会が終わってすぐ書き出すところ、今回はいろいろな雑用をこなすうちにお正月になってしまい、昨日ようやく書き上げた。そのためブログの更新がおろそかになり申し訳ありませんでした。

きょう子通信はあと2週間ほどで出来上がり、また皆様の元にお届けします。その中、どうしても伝えたい原稿を一つ下記に掲載します。何かご意見があればコメントください。

新ごみ処理施設建設予定地が武豊に
平成9年より進められたごみ焼却場建設計画は(半田、常滑、武豊、美浜、南知多)、平成19年に半田クリーンセンターに決定したが(ここは元々産業廃棄物処理場であった)ダイオキシン検出のため、今回武豊町1号地の工場跡地に変更した。
しかし議会に提出された資料には、武豊町の建設予定地の土壌汚染数値が提示されていない。この場所は安全ということで決定されたと関係者は言うが、これではまためくら版を押すようなものである。
この場所の安全性はこれから環境アセスを行い、もし有害なものが検出したらそれから考えるのだそうだ。毎年組合議会で使われている予算は1億3000万円である。そのようなことがあれば、またそのお金は水の泡と消えるのである。もっと慎重に物事を決めてほしいものである。

半田の二の前にならぬために、住民の監視が必要!   
武豊町の建設予定地を購入するにあたって、別の場所も購入することが条件であること、また迷惑料として16億円の地元対策費を支払わなければならない。半田市議会には約26億円ものコスト削減できる土地付き民間提案も出されたが、公平性に欠ける等という理由で却下されたらしい。(常滑市議会には未提出)行政は住民へ安価で安全なサービスを提供するのが責務であるはず。組合議会の密室で決めるのではなく住民には常にデーターを元とした情報を提供し、根拠を示したうえで決定をすべきである。 
H26~H30 用地買収関連業務、環境影響調査業 務都市計画手続、事業者選定手続   
H30~H33 DBO事業者による実施設計業務 
及び施設設備工事
H34,4~  DBO事業者による維持管理・運営業務開始
        谷中
        

昨年中、皆様にこのブログを読んで頂き、大変ありがとうございます。その他、フェイスブック、きょう子通信、議会報告などを行い、できるだけ議会の報告に努めてまいりましたが伝わったでしょうか。

議会では毎回の一般質問、議案質疑、協議会での質問など行ってきましたが、毎回調査、研究が不完全のまま一般質問にのぞみ、思うように質問ができないものもありました。しかし、その中改善されていくものがあり、やってよかったと思いました。

毎回の予算委員会や、9月の決算時などには、積み重ねられた調査、研究がものを言うわけですが、一人で全ての項目を網羅することはできず、常滑市職員800人には太刀打ちができませんでした。言うだけで終わってしまうことが多く、消化不良の時があります。

何といっても議会は決定機関であり、チェック機能でもあります。議会が変われば町も変わります。そこで今年は、これらを言うだけに終わらないために、2元代表制議会の実現や、市民協働充実ためにバックアップをしていきたいと思っています。
皆様のご協力をよろしくお願いします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。