愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日のアジサイ祭りを控えて、朝9時から明るい社会づくり運動のメンバーで草刈り暑い中多くの皆さんが参加して草刈りをしましたが、浄化センター周辺はとても広く大変です!!
     アジサイ草刈

30日は朝8時からアジサイ祭りを競艇場南の浄化センターで行います。アジサイをいくらでも切って持って行ってください。お待ちしています
スポンサーサイト
昨日で6月議会は終了した。今回、議案が総務委員会への付託「 市長及び職員の給与の特例に関する条例の一部改正」と予算委員会への「一般会計補正予算」の2件のみであった。

終了後、協議会が行われ、下記の議題が説明された。

1、電力の自由化に伴う公共施設の新電力導入について
  
2、小規模場外売り場「(仮称)ミニポートピア栄」について

3、常滑市民病院の経営改善について

4、常滑市民病院建設事業費について

5、土地開発公社の経営の健全化に関する計画について
本日、中央農園にて明るい社会づくり運動のンバーが、2500株のサツマイモの苗植えを行った。愛知製鋼の幾人もの家族の人が、ジャガイモを掘りがてら応援に来てくれたおかげで1時間ほどで終了した。
       さつまいも苗
      
秋には丸々太ったサツマイモの収穫祭が行われる。皆様楽しみにお出かけください。

朝7時からの作業がこのところ続くので、忙しいのに大変だと言われるが、全身を使える作業の農業は、毎日パソコンとにらめっこの私にとっては運動の一環である。皆様一緒にいかがですか?健康の秘訣は体を動かすことです。
      さつまいも苗植え
  
昨日、名古屋の創建のビルで新しい日本を創る会「暁」の第2回目の例会が行われた。参加者は若い企業家中心で8人ものプレゼンテーションを聞くことができた。
     講演会

愛知、岐阜、三重など多方面からの参加であるが、前進することに何の陰りもなく、兎も角元気がいい。「子ども達がパソコンを使い、オーストラリアの子供たちと個々に交流できるシステム」「市街化調整区域に家を建て人生にゆとりを」{新しい日本を作るために、中部が原動力になれるか」などなどのプレゼンテーションであった。

このような若者がいることに日本の未来も明るいと感じた。その後懇親会で何人かの若者と名刺交換したが、どの人も素晴らしい企画を持っていて、常滑に持ってきたいものばかりであった。


原発再稼働が叫ばれています。しかし最終処理が確定できないし、福島の事故もまだまだ未処理のままで原発の再稼働はあり得ません。皆様はどう思われるでしょうか。

下記のニュースが知人から送られてきましたので、掲載します。

中部電力:株主総会 「脱原発」の提案、静岡・牧之原「白票」へ

毎日新聞 2013年06月21日 中部朝刊


 中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の10キロ圏に位置する同県牧之原市の西原茂樹市長は20日、中部電力の26日の株主総会で「脱原発」の株主提案に白票を投じる方針を明らかにした。同市議会は2011年9月に「永久停止」を決議、同市は昨年の株主総会で「電源喪失リスクの高い原発は利用しない」などの議案に賛成した。

 「浜岡原発の今後は国が最終的に判断する。市は賛否付けがたい」(西原市長)として白票にするが、永久停止の主張は続ける方針という。【山本佳孝】

子宮頸がんワクチンの勧奨が中止にと厚生労働省から報告がありました。
これでようやく被害者の方たちの運動が認められたのですが、ワクチンの中止ではないので、まだまだ知らないでうち、被害をこうむる方がいたり、ワクチンの副反応と知らない方もいますので、おかしいと思われる方はお知らせください。

全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会からのお知らせです。

子宮頸がんワクチン接種で健康を害している方へ
ワクチン接種のあと、とても具合の悪い方、病院に通院している方、学校を休んでいる方、連絡をお願いいたします。
簡単でもいいですから、連絡してください。
そうでないと、被害が無いことになってしまい、何も対策がとられない、ということが起こりかねません。

最下段のリンクに張られたフォームに記入し、被疑者専用アドレス hpvv higai@yahoo.co.jpに貼付して、あるいは Fax 042-594-1337 事務局の方に送ってくださるようお願い申し上げます。

手紙でも構いません。

※ ご注意:迷惑メールを減らすために、メールアドレスを一部抜いてあります。
アドレスの v と h の間に _ (アンダースコア)を入れて、送信してください。


昨日、土地開発公社の理事会があり傍聴をした。全国どこの土地開発公社も存続が危ぶまれている中、昨年度国からの指示で土地開発公社の廃止を検討したことがあった。

しかし、どうしても予算などのやりくりができず、断念した経過がある。しかしやはり今からこの件について解散を含めて計画をしていかなくてはということで、昨日行政から今後について説明があった。

この計画は、またしても借金を重ねなくてはならないことであり、そのためには住民へのサービス低下はもとより、新しい事業への展開は期待できないということであろう。

このように大切なことにもかかわらず、7人の議員中一人のみが質問しただけで会議は終了した。議員ではどうにもならないことかもしれないが、せめて他の議員への説明をし、議論を重ねる必要があるのではと感じた。

現在の議会はピラミッドの組織ではなく、上から下への「ほうれんそう」がほとんど行われていない。そのために常滑市はどうあるべきかを議員同士で話し合うこともなく、もちろん議会として何かをしていくということも今まで一度もない。

今年度の議長は改革を目指していると聞く。2元代表制である本来の議会の姿になっていってほしいものである。
6月16日早朝7時より、中央農場にて、明るい社会づくり運動のメンバー40人がジャガイモ堀を行った。
ジャガイモ1300㎏は、昨年に引き続き石巻の被災者のところに届けられる。
被災者の一部の人は自宅を建てて移っているが、多くの住民はまだまだ仮設住宅ずまいと聞く。
被災者の方が正常な生活ができるまで、この活動をできる限り続けていきたいと思っている。

     じゃがいも
ジャガイモを堀、段ボールに綺麗にしたじゃがいもを入れる作業の前にハイポーズ!でもすでにこのころから私はくたくたである。生まれて初めての芋ほりでした。
     勢ぞろい
梱包し終わったところである。これだけのジャガイモが入った段ボールを石巻に送ります。
     梱包

恒例の秋の苗をポットに移植する作業日です。いろいろな団体が参加して、50人くらい?の人で作業が始まりました。男性は主にポットに土を入れる作業で、女性は苗の移植を行った。苗が成長したらまた常滑のまちが秋の花で満開になるでしょう。
        土

        苗


昨日、私は「子宮頸がんワクチンについて」一般質問したが、回答としてはこれから検討はするが、今のところ厚労省の指示に従うということであった。

国民にはメリットばかりが伝えられ、副反応についての報道が少なく、医師や学校も地方自冶体職員もあまり把握してないというのが現状であった。

しかし、昨日厚労省が子宮頸がんワクチンについての会合を開いており、下記の結論が打ち出された。
ワクチンには副作用がつきものではあるが、今回の副反応はあまりにもひどすぎるものであった。そのため被害者救済のための会などが国に訴えたため、今回の決定がなされた。

子宮頸がんワクチン勧奨控える
【森本未紀】子宮頸(けい)がんワクチンの接種後に長期的な痛みやしびれを訴える人が相次いでいるため、厚生労働省の検討会は14日、一時的に接種の推奨を控えるとの意見をまとめた。これを受け、厚労省は自治体に通知を出す。定期接種は中止しないものの、自治体に接種対象者に案内を出さないよう求める。(朝日新聞デジタル)
明日(14日)11時ころから私の一般質問が行われます。

1、子宮頸がんワクチン接種の副反応を市民に

2、市民にごみ焼却場建設計画の説明会を

3、ウェブを活用した市民へのデータ提供や収集を(オープンガバメントの推進)

どれも市民に直接影響する項目です。お時間のある方傍聴にお越しください。

6月12日(水) 午前9時30分 本会議  開会 会議録署名議員の指名 会期の決定

                       諸般の報告  議案の一括上程

6月13日(木) 午前9時30分 本会議  一般質問(発言順序1番から6番)

6月14日(金) 午前9時30分 本会議  一般質問
         (発言順序7番から9番)

時間は11時ころになると思います。傍聴よろしくお願いします。

6月18日(火) 午前9時30分 本会議   議案質疑、 委員会付託
        本会議終了後      予算委員会  議案審査

6月19日(水) 午前9時30分       経済建設委員会 議案審査

6月24日(月) 午前9時30分       文教厚生委員会 議案審査 

6月26日(水) 午前9時30分       総務委員会   議案審査

6月28日(金) 午前9時30分 本会議    委員長報告、質疑、討論、採決、閉会










ライフセービングの方は毎年この時期海岸と海中の掃除をする。今回大野町の住民に声掛け一緒に清掃をしました。
     ダイビング
海岸にはペットボトルがとても多く、ご覧のようなゴミの山ができました。皆さん!ゴミは持ち帰りましょう!
     ごみ
 
国際交流はなのき会の友人7名で三谷温泉に昨日宿泊した。宿泊先の部屋にはやきもののお風呂があり、それが常滑焼かどうかを聞くことを忘れました。ゆったりとお湯につかることができ、快適でした。常滑焼も現在このような形で普及しているということ。もっと盛んになってほしいものです。
      風呂
このお風呂から見る蒲郡の景色はとても素晴らしかったです。
      蒲郡
その後、宿泊先の裏手に金剛寺があり、安産・子授かり諸願成就の子安弘法大師像に行った。それは標高100メートルほどの小高い弘法山頂にそびえたつ、東洋1の大きさを誇る。
弘法大使
蒲郡には50年ほど前からきているが、この場所をおとづれたのは初めてである。時代により、観光資源も様変わりしてくるのである。蒲郡は観光都市とし、ラグーナ蒲郡、アジサイ公園など次々と生み出している。常滑市もりんくうに企業が立地されてきているので、それを利用した街づくりを考え、実施していけたらと思う。皆様のアイディアをお出しください。
最近、阿部政権が掲げる原発再稼働と改憲についてのニュースが新聞紙上を賑あわせている。皆さんはどんな考えでしょうか?

知人宅を訪れて思うことは、男性の大半は原発再稼働賛成であり、強い国家を作るには必要であると改憲に賛成である。女性はそれに反対を唱え、家族を2分している。

女性は種を守るという意識が生理的にあり、このような意識を持つのではないだろうか。この2つに関しての詳細な情報は、まだまだ国民に浸透していない。

国防と言いながら、戦争に子供や孫を送り出すことは絶対あってはならないし、子ども達に綺麗な日本を残していくことが我々大人の義務ではないだろうか。

これらの決定に関して最終的には国会議員が握っている。世の中に女性と男性が半々あるにもかかわらず、日本の女性国会議員の数は諸外国と比べ非常に少ない。、

女性と男性は役割を持っているはずで、たとえば地方議会での一般質問で、女性は教育問題や老人福祉の問題を多く取り上げるが、男性はそれが非常に少ない。ゆえに女性議員はもっと必要だと感じる。

私は最近、日本がとても危険な状態に行くような気がして、戦争時代の思考に戻ろうとしているように感じる。7月には参議院選がある。今こそ女性議員を増やし、バランスのとれた日本を作っていきたいと思っている。

ご意見のある方、コメントにお書きください。お願いします。
「大野町きょう屋」で5月29日から6月9日までハワイアンキルト展が行われている。
その合間にハーモニカのコンサートが行われた。
色々なハーモニカの演奏と、プロのピアニストによるコラボレーションはとても素敵でした。
        キルト
昨日午後から、常滑市職員が大野小学校の38人の児童にごみ減量の授業を行った。その後、530とこなめの市民グループによる分別の仕方の実践が行われた。
         大野小
  

子ども達は質問に対しても、多くの生徒は手を挙げて答えていた。子どもたちのこのような積極的な行動が大きくなるにつれて薄れて行ってしまうが、このままの状況で育ってもらいたいと感じた。子どもと接しているととても素直で、元気であり、こちらも元気をもらった一日であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。