FC2ブログ
愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
最近、電力の小売自由化が叫ばれている。自由化は規制緩和の一環として2000年3月に始まった。現在はスーパーマーケットや中小ビルに相当する契約電力50ワット以上の需要家は、どの電力会社からでも購入できるシステムが確立された。

そこで10月初めいち早く導入を決めた新城市の総務部副部長の斎藤徳之氏を訪ねた。最初半信半疑であったが、中電からの「ぜひ契約を続けてほしい」という言葉で踏ん切りがついたそうだ。今や800万円ほどの節税ができ、市民に対し省エネに関する事業をすることができたそうだ。
新城

常滑市役所に早速このことを報告したが、プロバイダーに電話したが受け付けてもらえなかったということで、まだまだ進んでいないようだ。これはぜひ進めて行ってほしい節税対策ではないだろうか。


スポンサーサイト