愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明るい社会運動のメンバーによる「いも掘り}の事業が10月30日に行われた。540人もの家族ずれなどが参加した。
   54人いも掘り

あいにくの雨模様であったが、何とか皆さんは芋を掘ることができた。片付けの時はかなりの雨になってしまったので、スタッフの皆さんずぶぬれになってしまった。

 でも子どもたちの楽しそうな姿を見るのは楽しいですね。
              芋
スポンサーサイト
10月29日中央公民館にて「谷岡くにこ ライブトーク」が行われた。東日本大震後の谷岡議員が原発事故影響対策PT事務局次長として関わった原発の新事実を聞くことができた。
谷岡くにこ

震災後、ブルドーザーとソケットがあればもっと被害を拡大しなかったかもしれなかった。それはソケットの全てが、アメリカ仕様で、日本の器具と合わなかったからであった。

震災後2週間はメディアも国会も入れなかった。それはご遺体をメディアに取ってもらいたくなかったし、救急車もガソリンも無かったからである。

メディアも含め、もちろんアメリカの力もあり、ほとんどの機関は原発推進であった。そのため50年以上も原発の安全神話が作られ、震災後もすぐにはそれを否定する情報はメディアから流れてこなかった。

実家に子どもさんと非難してきている若いお母さんの参加があり、自宅に帰るべきかけらざるべきかの深刻な訴えがあった。

それに対し、谷岡議員は放射能が微量であるから安全とか一概に言えない。癌の細胞はだれでも持っている。それを免疫力で克服するために、子どもにプレッシャーをかけるのではなく笑顔を作ってやることだと、それができない親は戻ってはいけないと・・・・・・・その言葉を聞き、思わず涙が出てしまった。

今、震災地のこどもたちは親に「この花のつぼみは触ってもいいの?」と聞くという。生活すべてが不自由な生活を強いられている。一挙には原子力発電所はなくすことはできないが、いづれなくさなくてはならない。

パンドラのふたは開いてしまったのだから、そこから希望を取り上げようではないかと力強い言葉で皆さんに訴えた。

常滑の方は原発に関して意識は低いのでしょうか?もっと多くの方にこのような話を聞いてほしかったけれど、参加者は少なく残念であった。次回にはぜひお越しください。

下記の日程で「9月議会報告と広聴会」を行います。新聞を8000枚皆様に配布しておりますが、まだまだ書ききれないことがあります。市民の知らないところで色々な事業が決定されています。市民があってこそ行政であり、議会であります。ぜひ多くの方に来ていただき、本当の常滑市の現状、議会の状況を知っていただき、次世代にツケを残さない常滑市になるよう、皆様で考えてみませんか。

11月1日(火)   南陵公民館
   2日(水)   青海公民館

           19時~21時
フクシマ・・・・・
     今、わたしは伝えたい


谷岡

民主党原発事故影響対策プロジェクト事務局次長として3月11日以来、様々な角度から福島原発とかかわる中でわかってきたこと・・・・・・。見えてきたもの、今感じていること・・・・
「安心安全」とは何か?「保安」とは何か?「想定外と課題」という言葉であいまいにしてはいけない。
ということで、下記の日程で谷岡くにこさんの講演会を行います。
皆さんこぞってお越しください。
大変重要な話が聞けます。

10月29日(土)14時~16時
常滑市中央公民館


問合せ  井上きょう子後援会  42-1307
きょう子通信は8000枚印刷し、それを毎回皆様のところまでポスティングをします。大体2~3人で行い4日間ほどで配り終えます。昨日ようやく配り終え、ホットしたところです。住所のある方は年4回郵送で行きます。もし毎回ほしいという方は住所をお知らせください。郵送でお送りいたします。

きょうこ通信には、一般質問、議案質疑、反対討論、賛成討論、議会改革などの記事が書いてあります。

また今回の選挙後、支援者の勧めで25日から大野町,榎戸駅、常滑駅で、朝7時から8時まで9月議会の駅頭報告会をしました。素通りする人もあれば、「応援しているよ頑張ってね」と声かけして下さる方もありで3日間が過ぎました。その時、毎回きょうこ通信を配ってくださる支援者の方にも感謝感謝です。
「電気代は自由化で安くなる」
  ー浮いたコストで再生可能エネルギを導入しませんかー


昨日、ウインクあいちで上記のテーマで自冶体セミナー行われた。
出席者の多くは自冶体職員が多いようだが、会場はいっぱいであった。

「再生可能エネルギーの導入は自冶体から始めよう」と題して、今回のセミナー代表(電気を変える計画代表)の石井伸弘氏より、お話があり、その後、独立系電力への切り替え事例として奈良県大和郡山市の今西武史氏。
愛知県新城市の斎藤徳之氏からの発表があった。

この二つの事例は、入札とプロバイダーを入れるかのところでの違いがあるが、どちらにしても安い電気料金になったということである。

震災後はこれらがクローズアップされ、この事例のように多くのお金が節約できるかは定かではないが、今後このような方向に向いていくことは確実であると感じた。

どの市町村も財源不足であり、この事業に参入するのは時間の問題であり、わが市も乗り遅れないようにしたいものだ。
最近、電力の小売自由化が叫ばれている。自由化は規制緩和の一環として2000年3月に始まった。現在はスーパーマーケットや中小ビルに相当する契約電力50ワット以上の需要家は、どの電力会社からでも購入できるシステムが確立された。

そこで10月初めいち早く導入を決めた新城市の総務部副部長の斎藤徳之氏を訪ねた。最初半信半疑であったが、中電からの「ぜひ契約を続けてほしい」という言葉で踏ん切りがついたそうだ。今や800万円ほどの節税ができ、市民に対し省エネに関する事業をすることができたそうだ。
新城

常滑市役所に早速このことを報告したが、プロバイダーに電話したが受け付けてもらえなかったということで、まだまだ進んでいないようだ。これはぜひ進めて行ってほしい節税対策ではないだろうか。


2日とも雨であったが、たくさんのお客様がおとづれてくれました。
大野は奥深いところがあり、一件一件ギャラリーを回ると大変面白いですよ。
お茶
日本茶を美味しく出してくれる「歩歩歩」です。隣の方は岡崎からの刺し子の方です。

あかり
廊下にはとても素敵な明かりの数々が飾られています。
カレーもおいしいです。
田中
キャンドルナイトコンサートが大野町きょう屋で行われ、40人もの方が聴きに来てくださいました。
「かたりの会」かたり部の田中ふみえさんです。

明日16日は、大野散策、やっとこめぐり、ステージ、こどものあそびなど色々なところで新たな発見があるかもしれません。皆様ぜひお越しください。

国際交流はなのき会のメンバーから下記のメールが届きました。日本の動きは今市民の手にかかっています、特に女性が動き出しました。次世代のこども達のために安心安全な日本を残さなくてはなりません。賛同される方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

女性が立ち上がりました。第一弾福島の女性たちの座り込み場所は霞が関経産省前、日程は10月27~29日くわしくは、こちらから。> http://onna100nin.seesaa.net/article/228900129.html 第2弾全国女性デモ同じく場所は霞が関経産省前、10月30日から5日まで。http://shuttomari.blogspot.com/2011/10/blog-post_09.html デモは楽しい。同じ世代の女性もたくさんいて、一人で参加する人もたくさんいるので、友達ができます。会議だと、言った発言を後で悔いるばかり。デモはストレス発散で、すっきりします。
田口信子notaguchii@jc4.so-net.ne.jpTel:042-313-9858〒184-0005東京都小金井市桜町1-10-20
決算決算特別委員会審査、認定案13件認定される。

「決算特別委員会」とは市長から出された平成22年度の「決算認定案」を議員は特別に委員会を設置して市のお金が無駄なく使われたか、また、事業の成果などを質問し審査するところである。私は下記の1件に対し反対をしたが、10月7日の本会議において、全ての認定案は賛成多数を持って認定された。

反対討論  もう1本の高速道路は必要か
 西知多道路は東海市から常滑市に至る延長約19kmの自動車専用道路で、平成16年には全線が地域高規格道路の調査区間に指定されており、知多地域のみならず広く名古屋都市圏の今後の発展に寄与するものと期待されている。しかし今後、人口減少、右肩下がりの経済であり、東日本大震災の被災者へ少しでも支援をと言っているさ中、不必要な事業である。常滑市にとっても通過地点となり市民にとって不利益を生じる事業に対して反対をした。

この事業は平成5年に計画されている。現在時代が変化し、経済が右肩下がりになっていることと、もう一本高速道路を通すことにより常滑市にとってデメリットが生じるこの事業である。行政も議会も国のゆうなりである。国のやっていることがすべて正しいとは限らない。それは原発で物語っている。

今回、2人のみが反対である。この事業に対して議会で話し合ったことは一度もない。このような状況で事業が決定していくことに対し不安を感じる今日この頃である。議会の早急なる活性化をと思う。


              反対者  西本真樹、井上恭子
14日(金)15(土)16(日)尾張大野古今散策開催される

「歴史と今を訪ねる3日間」として古い町並みが残る常滑市大野町、小倉周辺でイベントが開催される。

内容
ギャラリー散策巡り  60店舗ものギャラリーやお店あり

土曜イベント     キャンドルの明かりでコンサートや語りなど
(無料)          大野町きょう屋、蔵真、善八、歩歩屋、楽遊館
              大野町きょう屋では田中ふみえさんの素敵な語り部を行います。
              午後7時より
 田中
            
              
日曜イベント     歴史散策ツアー
               ステージ開催(大野児童館にて)
               尾張大野祭りの山車を見よう
               大野谷のお宝公開(蓮台寺 小倉町)
               昔の遊びを体験(羽子板に絵を描く、めんこ、けん玉など)
               楽しい歴史講座(歴史資料館)
               八とこめぐり
               着物で来店 お得に買い物 
     
詳細はチラシをご覧ください。大野町きょう屋(42-1307)に置いてあります。
決算特別委員会審査の最終日で、まとめがなされた。
「決算特別委員会」は市長から出された平成22年度の「決算認定案」を議員は特別に委員会を設置して市のお金が無駄なく使われたか、また、事業の成果などを質問し審査するところである。

私は下記の1件に対し10月7日の本会議において、反対討論するつもりである。

反対討論  もう1本の高速道路は必要か
 西知多道路は東海市から常滑市に至る延長約19kmの自動車専用道路で、平成16年には全線が地域高規格道路の調査区間に指定されており、知多地域のみならず広く名古屋都市圏の今後の発展に寄与するものと期待されている。

しかし今後、人口減少、右肩下がりの経済であり、東日本大震災の被災者へ少しでも支援をと言っているさ中、この事業の必要性に疑問を持つ。

常滑市にとっても車の往来が無くなれば、市民にとって経済の低下は免れない事実である。常滑市にとってこの有料道路はどんなメリットがあるのか、今一度考えるべきである。

議員はよく行政に対して事業の見直しをしたのかという質問をする。国が行う事業といえども税金で賄うものである。今回の事業はリーマンショック以前に計画されたものである。今、本当にこの事業が必要かどうか検証するのも議員の仕事ではないだろうか。
              

国慶節
9月29日、中華人民共和国成立62周年祝賀会に出席しました。
大村愛知県知事はじめ、県内の政財界からたくさんの方々が参加され名刺交換をする
中国
ホテルナゴヤキャッスルで行われた祝賀会で名古屋総領事 張立国氏のあいさつ

7月下旬に張立国さんに日本など外国企業の誘致、投資ということで、中国の鉄暎と瀋陽の新しい町を案内してもらった。いま中国は10%を超える高度経済成長の真っ盛りで、素晴らしい中国を見ることができた。

中国の第12次5か年計画(2011~2015年)では内需拡大を進めているが、貧富の差が大きく、環境破壊などの問題も生じているようである。

特に、水周りや下水道処理、内装関係など経験豊富な日本企業が主導できる分野は幅広いと思います。
一方で、人間関係を重んじることやルールの違いから、企業間のトラブルもあると聞きます。これについては中国政府のもとでの商談は必要不可決であり、日本の行政も全面的に民間活動をサポートすべきであろう。

今、円高が叫ばれて以来、日本企業の海外進出は当たり前になってきている。しかし、行政はといえばまだまだ地域のことだけしていればいいと言う考えが多い。しかし、今や海外で起きた金融危機が日本に影響されることは当たり前である。

外交・安全保障面では、日本は独自のスタンスを持ち、国家を守る強い姿勢が必要です。
色々な意味で、政治・行政がもっともっとグローバル感覚を持たなければなりませんね。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。