愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
財政健全化基準に抵触
常滑市民病院は平成19年度時点で11億6千9百万の不良債務が発生しており、資金不足比率も28%と財政健全化基準に抵触しています。不良債務を解消支援するため「公立病院特例債」を発行して、この危機を乗り切ろうとしています。そこで今回市民病院改革プランが2月協議会に出されました。そのプランについて改革して頂きたいところを質問した。


 収入増を考えていない計画
不良債務が発生する以前の入院患者は1日230人。ここ数年は190人で推移している。これが入院収益の減少になっている。ちなみに1日当たり10人減ると年間で1億2000万円の収入減になるという。
「入りを量りて出を制す」といい、収益の増加を考えることが重要であるにもかかわらず今回の計画では、患者数を下げて収入増を考えていないがなぜか。


 責任者は誰?
今までの費用削減での結果、①薬品費、材料費の削減は取り組んできたものの具体的な目標設定がなされていなかった。②診療現場との意思疎通が十分取れていなかったため、各種取り組みが不十分であった。③薬品などの注文の電子化が進んでいないため、原因分析も十分できてなかった。このプランではこれらを改善する為に誰がその責任者で、監督者であるのか?

痛みを伴わない改革
 今回の計画は一般会計からの繰り入れは毎年8億円、収入はほぼ一定で作られている。その代り、支出の削減で経営改善ができている。
 その内容は人件費と材料費の削減。人件費の削減は地域手当廃止、退職者不補充などの制度改革が中心で、病院職員自身の痛みを負担することを避けている。その理由は。

8億円の仕送りはどこに?
 市民病院の不良債務は、20年度3億4千万の見込みですが、22年度は1億円の黒字になっています。それなのに一般会計からの繰り入れは8億円を維持しています。一般会計が今苦しい中、あまりにも融合性がないのではないか。親からの仕送りをそろそろやめないと自立する意思が問われるのではないか。
コメント
 常滑市民病院は昭和55年以降ほぼ毎年度赤字を計上している。公立病院の赤字は仕方がない部分はあるが、今までの病院改革は成果を検証するという作業に乏しく、行政にも議会にもそれは責任あるところだと思う。今回の改革プランでもそれが改善されたように思えないので、我々議会としてはこれからしっかりとチェックをすべきである。
 また本計画では、新市民病院の建設費用などが明確になっていないことから、費用が計上されていない。「あり方検討会」後、新市民病院建設の有無の結果が出ると思ったが、未だに返事はない。私には市長が決断を遅らす意味が理解できない。遅くともこの3月議会には結論を出し、次の手を早く打つべきではないか。
スポンサーサイト
解決する能力が高い日本女性
              ―「女と男のつどい」に参加してー

 2月8日男女共同参画社会を目指して、常滑市民文化会館にて「女と男のつどい」が開催された。第1部の講演では「女と男 分かち合いましょう!仕事も生活も」というテーマで高野史江氏が、第2部では「歓喜の歌」の映画会が行われた。
 高野氏は、女性は家庭に入るという性別役割分担が決められていた団塊の世代に生まれ、卒業後出版社に勤め、現在放送作家でありフリーライターである。自立とは①経済的自立 ②生活の自立 ③精神の自立この3つを兼ね備えることである。そこで、彼女は2007年から自立したという実感を持つために、中国の「北京語言大学」に1年間留学した。そこでいつ帰ろうかと涙する日もあったが、日本人の勤勉さ、たくましさ、優しさに気づいた。また、感情的にならずぶつかっていきながら、お互いを見つけるために逃げないで何とか解決する能力が高いことを知った。
 男性と女性を区別することなく、誰もが様々な社会活動に参加できる。そんな社会を実現させるためには「女だから、男だからこうしなければ」という自分自身の意識を変えていくことが何よりも大切と締めくくった。

ダメ公務員を変えたもの
 「歓喜の声」という映画は、封建的なダメ公務員がある事件によって変わっていったというお話。公民館職員が2つのコーラスグループのコンサート日をバッティングしたため、それを解決するため最初は「何とかなるだろう、どうせおばさんの暇つぶしなんだから・・・」と成り行き任せという投げやりな態度で対応していた。しかし、2人の女性に打ち砕かれ窮地に立たされる。さまざまな人の応対や自分も相手に立った時の事を考えたとき、「餃子」が足りないということに気づき奔走する。
 この映画はどこにでもいるような公務員のお話だが、最後はこんな公務員がいたらなというとても痛快な、また、女性の底力を垣間見た映画であった。しかし、何よりも声をあげ、涙が出るほど笑えたコメディ映画を久々に見て、これが何よりの意識改革であり力のもとになった。また来年もこの集いに参加したいと思った。
矢祭町行政視察研修会報告

合併しない宣言のまち        

  7年前「合併しない宣言」で全国に名をとどろかせた福島県矢祭町(人口6800人)。役所の職員は午前7時30分に窓口を開ける。住民票を取るお客が早々と来て応対をしたら、空いた時間は机やトイレの掃除など2人はじっとしていない。消防業務もやってのける。窓口は年中無休で町民のために早朝7時30分から夜6時45分まで開けている。
 2年前から保育料を半額にし、高校のない矢祭町は高校生のために通学補助(年2万円)を新設した。町内で買い物するともらえる「スタンプ券」で税金や公共料金を納めることができる仕組みも作った。

ぼろぼろの庁舎

 15年8月から行財政改革として、最初に手掛けたのが人員削減だった。町民のための業務をするためにどの職員も窓口業務ができるようにグループ制を導入。家具屋であった根本前町長は自立への財政運営と住民サービスの充実を両立させるために、役場を徹底的にスリム化させた。現在正社員65人、嘱託11人宣言前のほぼ半数になった。並行して全事務事業を見直し、大幅の行財政改革を推し進めた。町長の給料は総務課長並、議会も呼応して定数を18人から10人に減らし、議員報酬を日当制にした。木造2階建ての庁舎は築47年になるが、建て替えの予定はない。
         
積極的な企業誘致 
 平成6年からきたSMC(風圧機器、医療機器など200種類)工場が今年新たに新工場を建設予定。それ以外にもすでに4工場が山を切り開いた敷地で操業している。それらの工場からは町の4割ともいわれる税金が入る。町が造成したニュータウンは274戸、残り40戸ほどで東京から定年後の住まいとした人が入所してきている。それもメディアが宣伝してくれたからだという。
 
 もったいない図書館の立役者は女性

 現在 矢祭町にはもう一つのシンボルで「もったいない図書館」がある。元職員で現在教育長である高信氏の言葉を新聞社が取り上げたことにより、全国から本の寄贈が始まった。昨年古い武道館を1億円かけて改修し図書館にしていった。それらのボランティアをかってでたのが町民であった。現在は常勤1人とボランティア(自給500円)で整備を続けている。
 私たちが訪れた丁度その時、教育長の高信氏が図書館にみえて、案内をしていただいた。ここまで来るのに、中傷ありで辞めてしまおうかと思った時もあったという。しかし、彼女の粘り強い意志がここまでやってこれたと思った。女性の存在を大きく感じた。

 号令だけでは変わらない職員意識
 前根本町長は企業マンであり、企業原理を町役場に取り入れていった。かなり厳しい要求を職員に突き付けたため、最初は職員から恨まれたこともあった。しかし、矢祭町が有名になり、マスコミに取り上げられ、見学者が増えたことによって職員の意識が自然と高まっていったという。職員の意識改革は号令だけでは変わらないことを確認できた。

 トップのやる気
 我々が役所を訪れた時、突然にもかかわらず、担当者が車でニュータウン現場や工場建設場所に案内をし説明をして下さった。午後から行政視察研修場所のューパル矢祭に行ったところ、案内して下さった方がいた。彼は自立総務課主幹総務グループ長の本田 覚氏で視察の担当者で、忙しい中、訪問者に対して労力を惜しむことなく駆けずり回っていた。前市長やこの本田さんのようなフットワークのある、ネートワークを駆使できる方が町を動かす。トップのやる気が大切なことをつくづく感じました。
ボートピア川崎研修会報告

ボートピア川崎の奮闘を祈る

蒲郡と常滑で経営していた平成9年にオープンしたボートピア川崎 が、現在まで1年のみ黒字で毎年2億円の赤字が続いたので、今回ダイリツプラニングという会社に委託しました。その場所に政務調査費を使い見学に行きましたので報告いたします。 

                 
 宮城県柴田郡川崎町(人口10、583人)のボートピア川崎に2月12日訪れた。仙台市からファンバスで1時間ほどのところで、周囲は山に囲まれた田園風景の小高い丘に建てられた、かなり目立ったブルーの建物であった。

 常滑本場よりはこじんまりとしていたが、館内はとてもこぎれいな印象であった。それは委託を受けた後、壁紙、床天井などすべて張替の改装をしたそうだ。特に特別室としてシングル、ダブル、グループ室などお客様のニーズに合わせたより多くに方に来てもらえるような工夫がなされていた。キッズルームもあり、座席にはすべてテレビが備え付けられていた。シングル、ダブル等の座席は社長室のソファーのようで、グループ室は赤いじゅうたんに黒のソファーで、照明もしゃれたシャンデリア風と競艇に来ているというよりティーパーティの場所のようである。

 業務をする裏方はボートピアにしてはかなり広いスペースを取っていたが、今回最新の機械を入れることにより人力による窓口を最小限にし、人員の削減を図った。売上向上のためには日数を増やすと効果が上がるということで、1日4場開催し今までの従業員を削減するのでなく、ワークシェアリングという形で分散し改革をしていった。ホームページや出走用チラシなど出来そうなものは職員がすべて手作りでして、経費削減に勤めていた。
            
 この地域、競馬は昔から古くから親しまれていたので、競艇客を確保するために気仙沼からサンマを購入し焼いてお客にふるまったり、気球に乗ってもらいお客様に楽しんでもらえるイベントを次々考案している。ボートピア川崎は広大な敷地であるので、今後将来的に温泉施設、おそばの食べられる物産センター、霊場など増設していく計画だという。
 近くに国交省が管理する公園があり土・日にはかなりのお客が来るというが、家族連れのため集客には繋がっていないようだ。ボートピア川崎より15分ほどしたところに競輪場があり、昼間競輪を楽しんだお客がよりボートピア川崎に来てくれるという。しかし、その競輪場も業績が芳しくなく少々心配である。
      
 案内をして下さったマネージャー大宮さんに常滑に遊びにきてくださるようお誘いしたところ、現在はだぶん行く時間が取れないとのこと。彼はオープンしたときからの従業員で元はエンジニアだそうだ。ホームページ作りなどして今やらなければという担当者の心意気がこのボートピア川崎を成功に導く力だと感じた。

 3年後、ここが成功し常滑に利益をもたらしてくれることを祈り、ボートピアを後にした。とてもいい温泉もあるので常滑の皆さんに一度そのボートピア川崎の奮闘ぶりを見に行ってくださるよう勧めたい。
ときどきいいコメントをいただいています。それを下記に掲載しました。時間のある方はぜひ参加してください。

一日一人一件 気付いたことを広めれば 大きな力となります

観光
理想と現実の間には 距離があり
行政の人たちは 机のうえで理想と取り組んでいるのかと思います まずはじめの一歩 体験してみる 現実を体で心でしること そして二歩目を考える あきらめずに一歩づつ・・・
気がつくと 案外いろんなことがやれていたり 市民(子供からお年寄りまで)を主人公にして 参加させてほしい みんなで常滑市をよくしていけるよう 参加できる場面ずくりは行政の役割かなともおもうんですが 遠回りのようだけど みんなが体感することで いろんな知恵が生まれていくと思う
一日一人一件 気付いたことを広めれば 大きな力となります
みんながみんなで主人公になれるといいなと思います

みんなで緑とお花を育てましょう 
まちづくり
三寒四温の季節となり お花畑をのぞきに行くと 花も草も活動開始 今からはどんどんと成長します ゴミを拾い雑草抜き 夏向きの種もまこうかな 難しい仕事ではありません 少しの気持ちと労力をください
植物は正直です 小学生 中学生 近所の方々 きずいたときに参加してください 場所はINAXの駐車場横花壇と猫どおり(向山線)脇の花壇です(陶磁器会館へ向かう道筋) 元気のいいお花の苗等ありましたら 遠慮なく植えてやってください みんなで緑とお花を育てましょう 待ってまーす
                              希望さんより

今に始まったことではなかった少子化

1月31日みちの会主催の東 珠美氏の講演会が東浦中央公民館にて行われた。
「男女共同参画時代の子育て支援」というテーマで統計に沿って話をされた。

男女共同参画社会とは性別にかかわらず、社会にあらゆる分野で個性と能力を発揮する機会が保障される社会とある。家族を構成する男女が①子育て、介護、その他の家事などについて相互に話し合う。②家庭外の活動を行うことができるように話し合う。

少子化といい現在騒いでいるが、すでに35年ほど前から少子化は始まっていたのである。なぜ今なのかは、そのために社会の構造が崩れてくるためである。2005年子供のいる世帯は全体の4分の1.名古屋・知多調査では「1人っ子」は少なく「3人以上」が多い?それでも全体の4分の1は「一人」。
 子供を産まない(産めない)のは育児不安、出産後の継続就業,仕事と家庭生活の調和、男性の家事・育児分担、経済的基盤、教育費の負担などの理由があり、結婚や出産時に影響してくる。

 それらの不安や状況を取り除き産む環境を考える子育て支援のポイントはどのように作るか。①女性が就労を継続しやすい環境整える、②男性の家事・育児参加を進める。③子育て不安・ストレスをなくすなどである。

  なぜ今男女共同参画社会をつくる必要があるのか、今の社会情勢や日本や海外とのデーターを比較したりしてとてもわかりやすい講演であった。今回この講演を聞き、昔と違い社会状況や生活環境もずいぶん変化してしてきた中、子供は世界の子供として、だれもが自己実現ができるようにしてあげる社会を形成していく必要性を感じた。
 男性は女性のくびれを見る。
 
 先日NHKで男性と女性の脳の使い方の違いの番組をやっていた。
 お互いを見るとき、男性は女性がいい子供を産めるかということで、視覚で見るが、女性は相手が子供の面倒を見てくれる人なのかと考え、体験で見る。好きになるとき、両者とも同じ位置で脳を使うが、それも3年すると消えて行ってしまう。子供がある程度自立する年だからというう理屈が成り立つ。
 相手の表情によりどんな状況かを見極められるのは女性がずぐれており、男性は2箇所の脳を使っても状況判断できない。男性は批判されると攻撃されたと思い、心拍数が上がり話を途中でやめる場合が多い。女性は感情的というが、話し合いの場でも心拍数は上がらず冷静に話をすることができる。
 以上のような話が3回シリーズで放映されとても興味深いものでした。根本的に女性と男性の脳の使い方が違うので、いろんな場面において男女が共同すればより良いものができるのではということでした。また、永い人生を夫婦でうまくやろうとしたとき、男性が女性の意見を聞いてあげ話し合いのできる状況にしていくことだとも言っていた。
 皆さんのご家庭はどうですか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。