愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
聴きに来てください

9月議会一般質問
9月5日(金)   9時30分より


1、常滑駅周辺地区まちづくり
  常滑駅周辺が将来にわたり、本市の中心市街地としての役割を果たしていくことができるよう、健全で良好な市街地形成を目指すなどを目的とした常滑駅周辺土地区画整理事業が今年度になり  本格的にスタートしてきました。
  常滑駅開発であれば、住民の関心の高いところであり、また、焼き物関係者にとっても常滑らしさを醸し出す絶好のチャンスであると考えます。
  そこで、この計画の全容をお聞かせ下さい。

2、ボートピア川崎について
  赤字続きのボートピア川崎を20年度10月から施設会社(株)ダイリツプラニングに委託予定だそうですが、そのことについてどうお考えでしょうか。また、なぜ4,5億円もの大金を出してその会社にやってもらう必要が常滑と蒲郡にあるのか。また、ボートピア川崎を今やめるとしたら常滑としてどれだけの損失が出るのか質問します。

以上2つの質問を、5日(金)にしますので、市役所5階までお越しください。(2人目です)
 
スポンサーサイト
 8月28日「第3回新常滑市民病院あり方検討委員会」が12人の委員とのもと、市民病院で開催されました。
 まず、連携ということで話し合われました。市の財政を考え連携を望む人が多いが、今までの連携ではサテライトがつぶれてしまうケースが多い。医師を一つに集めて、トップ連携があれば医師不足が解消されるという保証もなく、経済も緩和するわけでもない。医師一人がいなくなれば4億の赤字になる。
 今の若者は病院の機能だけを重視してないので、今後はどこの社会でも一緒だが、楽しいくなるような病院づくりをしてほしい。救急だけを残したらという件についても、高度医療のため、設備費がかさむということです。 削ることばかり考えるのでなく、経済が潤う政策も合わせてやっていってほしい。 いつも市町村のやることには国のガイドラインしか書いてない。こんな病院になったのも国の政策の間違いからである、またしても国が言うことをやろうとするには市民に本当の医療を提供できない状況になるでしょう。
 最終的には市長がこの病院ができないならできないと判断するしかない。
 新市民病院の位置として、アンケートでは常滑ニュータウンにという意見が多く、現在の位置にというのが次に多い。委員会でもほとんどの方が常滑ニュータウンという方が多かったが、交通のことも考え、予算を考えてこれからまだまだ議論をする必要があると思いました。
住民を巻き込んだ事業計画を!
                     
                          広域ごみ焼却施設の建設

 ダイオキシンや公共事業のコスト削減などの目的から、平成33年度までの間に広域ごみ焼却施設の建設が2市3町(武豊、常滑、半田、美浜、南知多)で予定。その地元説明会が今日(27日)半田市役所で行われました。
 行政からはそこに至る経過、将来のごみ処理量の予測、整備、建設候補地の選定などが説明された後、住民からは活発な意見が飛び交っていました。ある住民は「今の市の説明では県や国がやれといい、その基準でごみ減量を加味した施設の建設であり、本来はごみを減らすとかダイオキシン削減のためにどのようなごみ処理場が必要だから建設をするというのが本来の姿ではないか。 10年前の計画であり、完成までに13年ほどあるわけなので、ドイツなどの先進地を学び、ただごみを処理するというだけでなく、環境を考えたごみ処理場建設を考えてほしい」と訴えました。
 しかし、その後の市の説明はまた、いつものようにそれらのことが難しいという言い訳ばかりしていました。これだけ多くの住民が一生懸命訴えているのに、その人たちを巻き込んでやっていくという答弁ができないか歯がゆい思いでした。説明されている行政の方は即返事ができない立場にあるかとは思いますが、温暖化が進み各行政も資金繰りが難しい中、今後の行政マンの意識改革が必要だと感じました。
市民自冶・・我々はどう考えどう行動するのか
                   
         福嶋浩彦氏(前千葉県我孫子市長)

地方時事に市民参加と協働が欠かせないのは、今や共通認識。市民や議員、行政職員も当然そのメンバー。確固とした信念のもとに市民自冶の可能性を追求してこられた福島さんから自冶体改革のお話を聞きました。
1、地方自冶とは何か
  主権者は国民であるので、行政の権限やお金は出来る限り主権者市民に近いところ
においてコントロールすること。
2、市民自冶の視点
  市民自冶の土台は、すべての人が同じ権利を持ち、自冶体の民主主義は市民が直
接かかわることができることである。直接参加した人たちの選択を変更する場合、議
会は必ず向き合って説明しなければならない。
■補助金の公募と市民審査 ■職員採用での民間試験委員 ■市民債の発行
 ■予算編成過程の公開とパブリックコメント
3、自冶をリードする議会に 
  今の2元代表制の自冶体議会に「与党」「野党」はない。議会と長がオープンな場で
  議論することが大切。
常滑の場合、個々の議員が執行部に要望し、長の提案に賛否を表明するだけ。質問もほんの一部の人のみで、議員同士の議論は一度もありません。議会とは「議事をスムースにするため」といつも強調をし、議長は自分が理解できない議事に関して口を挟みますので、活発な議論ができません。 
4、市民の公共を作る
  これからは「市民の自立した活動」と「主導権市民にコントロールされた行政」が
  連携(協働)して、市民自冶による「新しい公共」を創るべきである。
  行政の中心的な役割は、市民の自立した活動の支えと、公共全体のコーディネートである。
5、市民も自冶の力を高める  
  違う意見、異なる利害関係をもつ市民同士がきちんと対話し、お互いに納得でき
  る合意を自ら作り出す力が必要。それには行政が市民の対話をコーディネータする力を持つこと。市民の中で意見が違う、対立があるときそれを合意に持って行く、それが市民参加である。
最後に彼が強調して言ったことは、例えば、「道路特定財源問題」のとき、その財源を地方で自由に使えるようにしなかったのか、自分で決めたくなかったのか。これからは市民自身が自立精神を持ち、自分で決めたことを自分で責任を取るようにしてほしいとのことでした。  
 お産は出来なくなりました!常滑市民病院

 日赤病院の医師不足のニュースが流れていました。全国にある92病院の82が何らかの診療科で医師が足りないといい、足りないとする医師数の合計は796人だそうです。北海道、東北、中国・四国は、管内の全病院が不足だそうです。医師の地域偏在なのでしょう。診療科別で、不足人数が最も多かったのは内科系で226人。次いで産婦人科系68人、小児科56人、外科系48人、麻酔科46人だそうです。日赤でさえ?という感じです。
 看護師不足は、昔から言われていたことですが、2007年4月に、国が基準を、それまでの3区分に加えて、入院患者7人に対して看護師1人という区分を新設しました。1:7にすれば入院料金を高く設定できることにした、ということです。看護の質を上げるため…という説明はいいのですが、慢性的な不足状態の中で、こうすれば、看護師の取り合いと、負けたところは病棟閉鎖も…というのは予想された事態だったのでしょう、たぶん。8月23日(土)の中日新聞の朝刊に、瀬戸にある公立陶生病院が、4月から2病棟休止、と。名古屋の東市民病院と緑市民病院でも、昨年度一時、各1棟休床していた、と。
 市民病院の経営難は、自治体財政を窮地に追い込みます。
 常滑市民病院は、産婦人科の先生一人がおやめになるため、妊婦の方に転院のお知らせが届きました。今回設置した「あり方研究会」で市民病院の方向性は決まってしまいます。その結果により、我々につけが回ってくることですから、住民の皆さんも会を傍聴して疑問に感じたことは後で市に意見を言っていただきたいと思います。

市民病院あり方研究会
日時  8月28日午後2時30分
場所  常滑市民病院
8月22日第8回の協議会が行われました。
付議事件
1、平成21年度指定者管理者制度 
  民間の能力を活用しつつ、市民サービスの向上と経費の削減などを図ることを
  目的として、平成18年から15施設に指定者管理者制度導入。21年度は4公民
  館と図書館を行います。
  この制度で、サービス低下せず、経費削減するのは大変難しいことです。本当に
  来年度このシステムを導入して経費削減になるか質問をしました。


2、平成20年度敬老事業について
  長寿を祝う敬老会が、9月14日と15日市内10会場で開かれます。75歳の方
を招待し、歌や踊りなどの楽しい催しが行われます。

3、常滑市観光振興計画策定について
  国が観光立国を策定したことにより、いよいよ常滑も4地区を対象として観光
  振興計画を策定することになった。24名のメンバーで、11月に中間まとめをし、
  来年2月には最終とりまとめにかかる予定。
  実際、町で動いてるコミュニティなどの団体をメンバーに入れてほしいというこ
  とと、ワークショップで計画作りをするよう要望しました。


4、やきもの散歩道周辺の観光客用駐車場について  
  4月19日から6月29日まで、試験的に陶磁器会館前を乗用車500円で駐車場
  としてスタートした。採算性を含めて良好であったので、20年度も9月中旬から4ヶ月
  間試行し、21年度から本格実施の予定。
神奈川県からのお客様 

8月16日8時から「アド街ック天国」が放映されました。今回は常滑特集で、
飲食店や陶芸関係、観光地などの30か所が一時間の中で次々と紹介さ
れました。
 「大野町きょう屋」は26位でしたが、昨日、何人かがテレビを見たからと言って
お店をおとづれてくれました。その中で、一人の青年が「アド街ック見たので
すが」と入ってきました。何と神奈川県から日帰りで常滑をおとづれてくれました。
何とうれしいことでしょう。
 今後、これをきっかけに観光都市常滑として力を発揮したいですね。
アド街ック天国
『常滑』を応援してください。
「ふるさと納税」制度は、「ふるさと」を応援したいという納税者の思いを
じつげんするための「ふるさと」への寄付金で、自治体に寄付した場合、
個人住民税や所得税を一定限度まで控除する仕組みです。
 出身地のみならず、好きな地域を応援することが出来、皆さんの意志で、
寄付する自治体を選択することが出来ます。
皆さんの意志で選んでください。
①景観  レンガ煙突保存など、景観保全に活用します。
②健康・福祉 安心して健康に暮らせるまちづくりのために活用します。
③教育・健康 未来を担う子供の教育と伝統文化の保存・伝承に活用します。
④産業 地場産業など、産業振興のために活用します。
⑤環境 自然環境の保護及び公園整備は緑化事業に活用します。
⑥市長お任せ 市政全般に活用します。
詳しいことは下記におたづね下さい。
常滑市役所 総務部 税務課
0569-35-5111
「死ね」という言葉

今日のテレビ放送で高校2年生男子が教師に「死ね」と言われて自殺した。
1週間ほど前、ある女子中学生8人ほどから、うちの中学校でこんな先生が
いるからどうにかしてほしいと依頼がありました。

1、国語の本を読み間違えると、椅子の上で、次に間違えると机の上に立って読まされる。
1、先生が「死ね」とか「飛び降りて死んでこい」など言う
1.地図を忘れて隣の人に見せてもらっていたら、反対の隣の人の見せてもらえという。
  それを断ったら、暴力をふるわれた、
1、扇風機をつけてほしい。カーテンが破れているので直してほしい。

皆さんこれを見てどう思いますか、こんなことで死んでしまう子供が弱いのか、
言うのが悪いのか、どちらも考えられます。どうしたらいいのでしょうかみんなで
考えてください。

大阪府より多い借金?

「きょう子通信№5」で常滑市と大阪府、夕張市の市民一人当たりの借金の額を掲載しました。
しかし、その後、小鈴谷・広目区での「市長と語る会」でその件について質問があり、
私の通信の掲載と少々ずれがありましたので、訂正させていただきます。

市債  445億2千万円     82万5千円/一人当
利子  153奥8千万円     21万8千円/一人当
常滑市民一人当りの借金合計金額 111万円/

ちなみに「きょう子通信」を見てない方のために
大阪府       63万円/ 一人当
夕張市      294万円/ 一人当

私は「きょう子通信」を議会ごとに発行。すでに5回を重ねることができました。もし欲しい
方があれば送りますので、コメント欄に住所と電話番号をお書き下さい。または、下記に
お電話下さい。
090-8316-5663
42-1307
もっと医療に税金をかけて!

最近、あるところで食べた食事があたったらしくて、高熱が出て
病院に行き、点滴をしました。その後も腹痛と下痢が続き、3日
ほど食事をしませんでした。熱が出たのは何十年も前だったので、忘れてしまったのか、
体の自由が利かず、自分の体でない如く、頭ももうろうとしとて
も苦しい3日間でした。今日、何とかメールを打てるようになり、健康の素晴らしさを実感
しております。

最近物価が上がり、病院にかかっても検査代や薬代は高く、高齢者に向かう私としま
しても一抹の不安を感じます。また、後期高齢者医療問題ももう一度考えなくしていた
だきたいと思える今日この頃です。今更ながら、以前のブログに、「本当にやらなくて
はいけない事業がどれだけあるのか。真剣に調査した結果、わずか20%くらいである」
と書きました。そのことから行政の本当のやる仕事を精査していただき、税金を医療・
福祉・教育関係にかけるべきでしょうね。皆さんどう思われますか?

皆様も食中毒にはお気をつけてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。