愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
不可欠な市民病院

7月30日午後2時より、第2回新市民病院のあり方検討委員会が行われました。
最初に建設に関する市民アンケート、平成17年度実施の患者アンケートの説明があり、どちらのも同じような結果が出ているとのこと。また減病院の状況、公的病院などの状況について説明がありました。
 常滑市民は各地区とも自宅に近くて便利だからという理由で「市内の診療所」と「常滑市民病院」を利用しているが人が多い。また、70~75歳と年齢が高いほど常滑市民病院にかかる率が多くなっている。
新市民病院について
 建設地には常滑地区ニュータウン41,7%、現病院の隣接地35,7%。
 立地条件としては公共交通機関の利便性、十分な駐車場や病院内のスペース確保をあげている。
  規模については市民の医療ニーズを踏まえた上で規模を検討してほしいが62,5%。
 サービスについては24時間対応の救急医療体制や高度医療の充実を求めている。

 検討委員会の中では、このままでは存続が難しいが、「一定の貢献をしてきた病院は守り抜かなくてはいけない」「町医者にとっても救急や難病の患者をおくるためにも必要である」「空港にとってもいかなる病気が入ってくる可能性があるので必要」など、新市民病院の建設を求める意見が大半であった。
 次回は新市民病院の建設についての議題です。
次回開催日   8月28日(木) 14時30分  常滑市民病院
どなたでも傍聴できます。
スポンサーサイト
選挙が始まるとホームページも更新できません。

                       政治家の訴えを閉ざす公選法


 7/28 中日新聞朝刊 2面に  ”改正重ねる公選法規制次々国民と距離運動自由化の議論も”
というタイトルで公選法に問題提起がなされています。
 日本の公選法は「規制が多すぎる」といわれます。有権者を訪ねる戸別訪問は禁止。ビラ配布やポスター掲示、街頭演説などのも制限があります。
 選挙の時、候補者の政策論争が聞けないで、だれに入れたらいいか迷うことありませんか?選挙が始まるとこのようなインターネット書き込みもできません。昨年私はお金、時間などとても不合理な選挙について一般質問をしましたが、それを改革しようとする動きはありません。選挙の時だけ頭を下げて受かれば後は何もせずという議員が多いということを耳にします。
 この機会に国を、町を本当に考えてくれる候補者を選ぶためにも、一緒に考えましょう。
7月24日毎月行われる市議会協議会が開かれました。
内容
1、市税の前納報奨金制度の廃止について

2、「ふるさと納税」制度について

3、常滑市新行政改革大綱などの平成19年度取組結果について

4、常滑市子育て家庭優遇事業(案)について

5、諸報告について

これって効果額?

 19年度行財政改革取組結果の資料の中で、土地開発公社の土地売却費3億円、ボートピア名古屋の売上1億円、後は人件費削減で約9億円の効果額と明記されていました。。
 ボートピア名古屋などの売り上げの増加を効果額とするならば、来年下がったらマイナスと計上するのか、そうならば、市民病院の10億円の赤字も効果額の計算に入れるべきです。プラスだけ計上しマイナスを計上しないのは本当の効果額とは言えず、それこそ市民を惑わす数字のマジックです。
 行革の総取り組数は158項目あり、19年度の取組数79項目。その中で効果額が明記してあるのが13項目のみでした。厳しい財政状況を克服するためとうたっている行革ならは、数ではなく金額でありませんか。市民にもっと本当の情報を流していただきたい。そして一緒に考えましょう。

 19年度の行革効果額9億円は市民病院の赤字を差し引くとマイナスになります。これって本当に効果額?

潤った時代の行政お任せ主義は考えて!! 

 NPO・ボランティアとの協働のところで、行政側は効果額が出るものでないといい切る。では、大野コミュニティでやってきた「橋の欄干デザイン事業・公園づくり・古今散策事業など」は自分たちの町は自分たちで守ろうと本当にボランティアでやってきた。これこそ効果額につながることではありませんか。何を市民に任せて何を行政がやるべきか、お金がないからと削っていけない事業もあると思います。補助金の見直しなど含めしっかりと精査し行革に取り組んでいただきたい。
今日の新聞に国の基礎的収支が11年度は3兆9000億円の赤字になるとけいさいされていました。この時代に中部国際空港連絡鉄道計画を継続していることが、果たして本当にいいことであろうか。疑問に感じます。私のブログに対するコメントを下記に掲載します。

道路族プランに疑問?

平成元~5年のバブル景気が頂点に達した頃のデータを基に、空港連絡鉄道を建設促進するなら、現在どこに財源を求めるのでしょうか?新幹線三河安城駅を経由させるということは、岡崎はもとより、豊橋以東からの需要を求めるという意味ですね。それなら空港は矢作川河口部あたりに建設すればよかったんです。今は既存のルート(名鉄の豊橋直通特急や伊勢湾岸道の需要)の実績から、ですね。
 とはいえ、化石資源の将来を考えれば、ジェット燃料高騰は当然で、これを受けて減便・廃便になるということは、東京・大阪と比べて必要と考えられてはいないということでしょう。この状況で道路や鉄道には大金を投じるなら、投資の回収まで慎重に練る事です。
 また、西知多産業道路と並行して有料道路を建設することも、財源はどうするのですか?現在、橋を渡るだけで300~350円も取る空港に、更に名古屋から高速代だけで1000円以上もかかれば(特に観光面で)足は遠のくでしょう。現在、西知多産業道路で知多市日長以南の交差点は、赤信号で止まっても交差する道路からは往来が殆どない箇所が多いのが気になります。なぜムダに(時間とアイドリング燃料代の両面で)赤信号で止めるのでしょう?交通量に合わせた車両感知式の信号の導入などの工夫が足りません。工夫して尚であれば納得もするでしょうが、道路族のプランを鵜呑みに税金を投入するだけの世ではないでしょう。
中部国際空港連絡鉄道
                        
                            空港アクセス 講演会
  
 平成元年 3月 中部新空港の建設予定地が常滑沖海上に決定した日である。そのために、関係6市により平成6年に「三河・知多新空港交通対策協議会」設立 。現在「、中部国際空港連絡鉄道建設促進協議会」と名称を変更して、29市町・34経済団体の組織で、愛知環状鉄道を豊田・岡崎両市の市境付近から分岐し、新幹線三河安城駅を経由して中部国際空港に至る連絡鉄道の建設促進を図る目的で 協議を重ねている。
  7月2日安城市で「空港・街・鉄道」という演題、講師岸井 隆幸氏の講演を聞きました。 
  こんなにも早くからの計画だったことに少々びっくりでしたが、この長い道のりの中、状況が変わってきたこともあり、今後どうなるのか興味のある鉄道です。しかし豊田、岡崎、安城を通り空港に行く鉄道を通すという構想で、活性化の起爆剤だったり、消エネにも関与できるものと考えているようなので、計画どうり行くといいですね。

    
                
シルバーラッシュの夢を見る

            老人会旅行-足立美術館,石見銀山、出雲大社

 7月8日~10日まで老人会旅行に島根県まで行ってきました。「庭園もまた一幅の絵画である」と足立美術科の魅力を表す当館創設者の足立全康氏の言葉どうり、5万坪の日本庭園と横山大観などの絵画を有する美術館とが見事にコラボレイトされていた。庭園日本一といわれるここは、一度は見る価値がある。
 石見銀山は最近世界遺産にも指定されたところで、228年間も間歩の開発がおこなわれており、約600か所くらいの坑道があったとされ、ノミで掘った当時のままの状態を見ることができる。こんな採掘場でありながら緑が多かったのは、その当時、木を伐採したら、植樹をしてたという理由からだそうです。そのた、銀山で栄えた古い町並みや、重要文化財である商家の熊谷家など見ることができる。
思いやりのこころ ありますか?

 7月24日一宮市において愛知県の操法大会が開かれました。そこに行くために応援に行く市会議員と市長などが朝10時30分に市役所に集合でした。私は家の仕事など終え、市役所に着こうとしたとき市のバスとすれ違いましたので、急いで駐車をしバスに乗り込みました。時計を見ると30分ちょうどでした。市のバスは10時30分前に出発したことではないでしょうか。
 約束時間前に来ているのは当然かもしれませんが、来ることが分かっていながら、たった1分が待てないのでしょうか?やはり、これも一つのいじめのあらわれです。市長も含め一人の議員に対しての思いやりを持てない方たちが、住民への思いやり政策ができるのでしょうか。常滑の情けなさを感じた一日でした。
 以前にもこのようなことがあり、会合の席で、「意見を言う前に謝りなさい」と皆の前で叱られたことがありました。しかし、その人も委員会の時間を間違えてずいぶん遅れてきたことがあります。新人議員に注目するのでなく来年の20億円削減をどうしたらいいのか、地域での無駄使いを是正することに頭を使ってほしいものです。

ポンプ車操法の部(出場25団)において常滑は6位の入賞を遂げました。

優勝は知多市でした。
この夏1番暑い日の炎天下で団員さん本当にごくろうざまでした。この経験が、住民の安全を守ることになります。これからもがんばってください。
 


下記の財政改革についての意見が早速ありましたので、掲載しました。これらの意見を取りまとめ、行政に提言として提出したいと思いますので、皆様もどんどん意見をお寄せ下さい。

財政改革

2)未利用土地の売却   3)ボート収益の確保
4)職員数の削減  5)投資的事業の見直し
6)施設の統廃合、民営化  7)事務事業全般の見直し
 

 これらは、すべて競艇事業・教育事業に当てはまりません
か? 若者離れの著しい競艇事業で、将来には収益の改善
があるのでしょうか?  事業継続しようとするから、施設を維
持改善する予算が生まれます。

競艇場が無くなった新開町は、渋滞・ゴミ等のない、市内の
一等地です。 常滑駅(パレ)はじめ、市役所・銀行・郵便局・
図書館・人工海浜・イオン(予定)は、すべて徒歩圏。 市中
心部の広大な土地は、戸建やマンションの最適地です。


常滑幼稚園は北保育園に吸収・市民アリーナは位置的に土地
小は(旧来の様に)統合し西小を常滑小、 東小を常滑中に。 
現・常滑中は通学に不便で、かねてから不審者出没もあり 心配
なので売却。

 市民病院建設が危ぶまれれば、へき地医療に実績のある
「T州会さん」あたりの誘致はいかがでしょうか?年中無休で
頑張っています。

財政改革への疑問点

先日このブログに対してコメントをいただきました。これに対する答えを皆さんで考えてみましょう。回答は調査して後日お知らせします。
1)空港関連税収の確保
 この収入は健全な目的でムダなく運用されているのでしょうか?
2)未利用土地の売却
 使用中であっても十分な稼働のない土地もあるのではないでしょうか?
3)ボート収益の確保
 事業継続すると利益は見込めるのでしょうか?
4)職員数の削減
 上記のボート事業撤退で人件費などを含めた収支はどうでしょうか?
5)投資的事業の見直し
 住民が願う事業と温度差はないでしょうか?
6)施設の統廃合、民営化
 上記の未利用土地の問題と絡んで実現を早期に期待します。
7)事務事業全般の見直し
 具体的に他市と比べて合理化されているのでしょうか?
8)病院経営改善
 もし新築移転したとき、現在地はどのくらいの価格で売却できるのでしょうか?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。