愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 本当にやらなくてはいけない行政の仕事って何?

「公・共・私」型社会の新たな地域マネージメントシステム
                地域問題研究所 市町村ゼミナール開講講座  5月19日

 協働のまちづくりが叫ばれ,NPOやコミュニティ組織に期待される役割が高まり、すでに公共サービスの一部がこうした民間に移行しています。しかし、経費削減のみを目的としたためサービスの質の低下を招くなどの問題も発生しており、公共を担う協働の仕組みを見直す必要があるということで、元逗子市長で、現在龍谷大学法学部政治学科の富野暉一郎氏の講演を聞きました。
 イギリスの例をあげ、17世紀ごろにすでにNPOが成り立っていたが、その後行政が市民を平等にサービスをする福祉国家を築いてきた。しかし、その後、福祉サービスも、病院も破滅してしまった。ブレア首相のときから公共生活の抜本的改革として、NPOを資金面でバックアップし、市民が政策の部分から計画に加わり、政府は徹底的な情報公開を市民にしていくようになった。
 行政の本質はなにか、税金を無理やり取り上げ、本当にやらなくてはいけない事業がどれだけあるのか。真剣に調査した結果、わずか20%くらいである。
 行政は今までは、住民サ-ビスは自分たちがやらなくてはいけないと思っていたが、これには今後無理が生じてくる。それは行政と一般企業のやり方が全然違い、経済を潤わせるという感覚が行政にはないからです。
 今後は、対象事業は本当に必要かどうか事業を見直し、公的事業を含み事業化をステップ分析し外部化の検討をすべきである。住民ができる部分は行政がコーディネート、ハシリテーターとして加わり行っていく。その能力が重要なカギになってくるでしょう。
 常滑市も早くこのような状況に気づき、本当の意味の住民との協働をしていってほしいものです。
スポンサーサイト
最大会派にする意味は何?   
                               役職をもらうため?
 5月15日に市議会臨時会が行われたとき、議長、副議長の選挙が行われました。また、監査委員の選任も行われました。
 これらの役職は常滑の場合、まず最大会派であること、議員年数の長いものであること、年功序列であることが条件です。それに準じて委員長、副委員長、常滑市防犯協会など12の会議や協議会に出席できる委員も最大会派から選出されます。
 これらの人たちはすべて自由民主党の支持で動く集団としか思われ行動が多々見受けられます。これが政治の世界だという人もいるでしょうが、行政と最大会派がくっつき、自由民主党のお歴々を通じ、国からお金を引き出す時代は終わりました。国も市町村も借金を抱え、みんなで行財政改革をしなければいけないからです。
 しかし、今、常滑のように14人もの最大会派を作り、市長の親衛隊の如く議会や委員会でものを言わない会というのも珍しい存在です。この構図が、600億円、700億円ともいわれる借金を、また、今後4年間で78億円もの赤字を作るという一端を担ってきたといわれても仕方がないのではありませんか?区長の代わりを地域でするだけでなく、常滑全体を考えた議員集団をもとめます。
今後4年間で約75億円の財政不足

 今年の3月の私の一般質問で、今後5年間で75億の財政不足が出てくるので、どうか借金をしないでほしい、また、その大きな責任は退職した市長はじめその時の幹部であるので、その方たちにも責任を負ってほしいとと言ったところ、今の市長はそのつもりはないとの返事でした。

 こんなことでは、つけは今の若い人たちに来るので、この20年度の予算案に滝田尚美、佐々木さんと私は反対しました。しかしそれ以外の方は賛成したのです。それなのにこうなってから、他の議員は行政に批判を浴びせたり、知らぬ存ぜぬと何も発言をしなかったりと、本当に市民のことを考えているのか疑問に感じます。

 今の片岡市長の方が新聞に出したり、このように情報を公開したことに対して私は敬意を表したいと思っています。市長、橋本知事のように改革に頑張ってください。
とても励みになります。有難うございます。

 昨日、以前に書いたブログを見ましたら、拍手が増えていてとてもうれしかったです。
このような皆様の励ましがあるからこそ、議員生活をめげず続けていけることができます。
本当にありがとうございます。
 しかし、私がこのようなブログを書くことによって困る方がいるのか、私には情報をださなないようにしている方もいます。以前、女性議員がその孤立感などからかやめられたとも聞きます。

 新人議員だからこそわかる、議会の不思議な世界を今後も書いていきたいと思います。今後とも皆さんの拍手と、できればコメントもお待ちしております。
21年度約20億円の財源不足

5月15日、平成20年第1回常滑市議会臨時会と協議会が開かれました。

特に協議会の議題で、とても重要な内容が話し合われました。
「今後の財政運営の考え方」についてです。平成16年6月にたてた「中期財政計画」がいろいろな理由で状況が変わってきたということです。
21年度約20億円の財源不足が生じてくるので、行財政改革をしっかりやらなくてはいけないということです。

その理由
これまでの税基盤が軟弱だったため、空港ができても富裕な自冶体になったわけではない。
競艇事業収入が減少した後も、手厚い行政サービスを継続し、スリム化できてない。
空港関連事業の借金、ニュータウン内の施設用地の取得、下水道基金繰入運用金の返済、企業立地奨励金などの負担が見込まれる。
 昨年度から私は3回の行財政改革についての一般質問をしてきました。
資金不足はもう10年ほど前からわかっていたことです。行政の前の執行部や、それを見逃した議会にも大いに責任があることだと思います。地区推薦で、地域のことだけをしている議員、議会で一言も発言もしない議員は要りません。行財政改革の一環として議員定数削減を提案します市の職員の意識改革について市は案を出してきました。それについては続きを明日書きます。お楽しみに。
常高跡地の有効利用

 5月3日旧常滑高校にて、常高跡地の有効利用や町づくりなどに関したシンポジュームが開かれました。40人ほどの参加があり、皆さん真剣に思いを話され有意義な会であったと思いました。

 高校跡地は、美術館、図書館、市民広場になど活発な意見が出され、今後、このようなメンバーでもっと議論を重ね考えていきたいという方も多くいました。厳しい発言もありましたが、それだけ常滑の将来のことを真剣に考えている人たちがいることにとても頼もしく思いました。

 今後、これらの人たちの意見を真剣に聞き、良いと思うことは行政と民間が協働して速やかに進めることではないでしょうか。

 その他、散歩道界隈、セラモール焼卸団地、INAXライブミュージアム、中央商店街、もちろん旧常高でも美術館、写真展などギャラリーやライブにクラフト散歩市など盛りだくさんの催しものが、t5月3日から6日まで行われました。

 私も20年以上も龍神祭や尾張大野古今散策などのイベント起してきたものとして 彼らたちが今回初めての催しもので、こんなに広い範囲でおこなうバイタリティーとエネルギーに感服しました。いろいろ問題も出てくるでしょうが、どうかがんばって続けて行ってほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。