愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レジ袋をなくすために

昨日、環境衛生課に行き、環境教育の有無をお伺いしました。
例えば、エコバックを普及するためには、レジ袋を有料化するとかする必要がありますよな。
また、現在常滑はレジ袋にプラの物を入れ回収所にもって行きますが、もしレジ袋がなくなったとき、市独自で用意したビニールの袋にプラを入れて出すとそれはごみとして燃やされるのだそうです。それは、そのビニール袋はエコのお金が払ってないからだそうです。それって意味解かりますか?
ごみの問題は規約などに縛られないで、ごみを減らすにはどうしてらいいかを考えて行動すべきでしょう。
スポンサーサイト

自然を活かす新技術が結集            
                 
 愛知臨空新エネルギー研究発電所

このシステムは、「愛・地球博」会場内で建設運用された新エネルギーシステムをリンクウに移設したもので、燃料電池発電と太陽光発電、電力貯蔵システムを組み合わせ、地球環境に優しい循環型システムです。発電した電力は、「常滑市役所」「常滑浄化センター」の電力をまかないます。燃料電池の運転時に発生する熱で冷水や温水を作って、発電所内や常滑浄化センターの冷暖房にも活用し、エネルギー利用効率の向上を図っています。
最近、温暖化が新聞やテレビから毎日のように流れています。人事でなく、家庭においても一人一人が行動しなければいけないのでないでしょうか。
ピカピカの常滑焼 常滑焼大見本市開かれる

1月10日と11日にボートメッセなごやで、常滑焼総合2008新年大見本市が開かれました。

9時30分ごろ会場に到着しましたが、周囲には誰も人がいなくて、本当に開かれているか心配なほどでした。中に入ると何とかちらほらお客様の姿が見えました。

 常滑陶磁器卸商業協同組合11店、共催出店団体が10点ほどが出店。

じっくり見てみると西洋の噴水のある庭に飾られるような鉢や、オブジェなどなかなか素敵な常滑焼でした。

ただ、ほとんどの業者さんが、最近は外国からの輸入に頼っているのが現状だそうで、できれば常滑の地場産業活性のために復活を願っているとのことでした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。