愛知県常滑市議会議員「井上きょう子」の活動日記
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夜の照明?
               コスモスの異変

 きょう屋に以前講演に見えた木内さんが「夜中の照明の下の植物は育たないでしょう。」という温暖化に関する環境問題のお話を聞きました。その話をある方にしたところ、家のコスモスが一部咲かないところがあるということでした。
 産業道路沿いの小倉の地域で、確かに照明のある道路沿いの所だけ花が咲かず葉っぱだけが青々していました。元どさんこの前のところですのでいける方は見に行ってください。そして、解かればその理由を教えてください。私も調べたいと思います。
スポンサーサイト
やっぱり!
 混戦した市長選も終わりほっとしていますが、職員上がりの方がなるのは個人的に反対でした。片岡さんという方はとても優秀できさくでとってもいいかたですよ。彼、この4年間で700億の借金をどう処理していくのか楽しみなところですし、大変ご苦労なことです。
 しかし、日本経済ももちろん常滑の財政事情も大変な時期になっています。
 常滑競艇事業が悪化
 市民病院の今年度赤字11億円、新市民病院建設に300億円
 下水道事業     今後200億借金をする
 職員の退職金    毎年10億円(積み立てがしてなかった)
 空港税収      39億円入るが不交付団体になったため補助金           カット
 貯金        5億円(愛知県平均87億円)
 常滑ニュータウン  107億円(全て完売できれば借金ではないが           売れなければ市が補填する。)
特に常滑ニュータウンでの坪27万で25000坪購入し68億円。
利子を2年間で39億円も払わなくてはいけません。この契約を天下りで有名な「都市再生機構」から違う業者に契約が変更できれば、片岡さんの手腕を認めたいですね。でも、誰かの邪魔が入れば無理でしょうね。住民のためにがんばってください.
温暖化は人間が作ったもの
        
大野小学校学習発表会


 11月18日朝8時50分から、大野小学校にて学習発表会が行われました。
 私の子どもが通っているときから比べると、生徒数が少なくなったようです。しかし、 内容は時代に沿ったサイエンスものだったり、環境問題を捉えたりと、なかなか中身の濃いものでした。この学習発表会で演じた純粋な子どもの感覚が大人まで継続していただきたいものです。
 今、大人たちが金儲けだけを考え、目の前の利益に走り次世代の子どもたちに何を残し伝えていくかということの議論がないような気がします。もう日本は世界の中で十分近代都市になってきました。これからは自然を大切にし、汗を流した以前の生活に戻るべきではないでしょうか。
11月18日にいよいよ市長選挙が始まります。
中村さん、山本さん、杉江さん、片岡さんの4人です。
どの候補も常滑に対する熱意は一生懸命でだと思いますが、市長ですから、マニフェストを出した方に応援したいものです。
 皆さん、4候補が出したチラシを良く見比べてマニフェストを出してる人を選んでください。
 私がコミュニティの会長のときに選挙運動をの電話をかけていたとき、「代表者になっているときは選挙にかかわってはだめよ!」といわれたことがあります。しかしある候補は、市長が後援会長で、県会議員、議会の議長、JAの理事長などの人が総出で係っているではありませんか。こんなことがあっていいでしょうか?その候補者は労働組合の委員長をした方で、民主党ではないのですか?自由民主党を名直る新和会がバックアップするということですが、どの人も筋を通すということがどうゆうことかお分かりなのでしょうか。
 どの方がなっても、700億の借金を次の世代に残さない住み易い常滑市にしていってほしいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。